女の子のひらがなの名前一覧!平仮名の可愛い名前を名付けに!

可愛い赤ちゃんに名付ける際、ひらがなを使った名前はいかがでしょうか?与える印象が柔らかくなったり、小さいうちから自分の名前が書けたりといった、漢字の名前とはまた違う魅力があります。この記事では女の子向けのひらがなの名前や、人気ランキングについてまとめています。

女の子のひらがなの名前一覧!平仮名の可愛い名前を名付けに!のイメージ

目次

  1. 1女の子のひらがなの名前の人気平仮名ランキング!名付けのヒント!
  2. 2女の子のひらがなの名前の名付けのヒント
  3. 3女の子のひらがなの名前一覧【春生まれ編】
  4. 4女の子のひらがなの名前一覧【夏生まれ編】
  5. 5女の子のひらがなの名前一覧【秋生まれ編】
  6. 6女の子のひらがなの名前一覧【冬生まれ編】
  7. 7女の子のひらがなの名前一覧【かわいい名前編】
  8. 8女の子のひらがなの名前一覧【かっこいい名前編】
  9. 9女の子のひらがなの名前一覧【古風な名前編】
  10. 10「女の子のひらがなの名前」の人気おすすめランキングTOP5
  11. 11ひらがなの名前には魅力が満載!

女の子のひらがなの名前の人気平仮名ランキング!名付けのヒント!

ひらがなを使った女の子の名前のなかでも、可愛い名前やかっこいい名前など、特に人気のある名前を集めました。「赤ちゃんが生まれたら、どんな風に名付けたら良いのだろう?」「漢字の名前じゃないとダメなのかな?」など、パパママの持つ疑問や悩みを解消します!

女の子のひらがなの名前の名付けのヒント

女の子の赤ちゃんに名前を付ける時、ひらがなの名前はどんな風に考えたら良いでしょうか?この項目では、ひらがなの名前を赤ちゃんに付ける際の、メリットとデメリットをご紹介します。

ひらがなで名付けるメリット

女の子の赤ちゃんの名前を考える際、漢字を一切使わずにひらがなで名付けるメリットとは何でしょうか?考えられるメリットを、いくつか挙げてみました。

読み間違えられる心配がない

漢字を使った名前の場合、字によっては複数の読み方が存在するものがあります。例えば「碧」は、「あおい」とも「みどり」とも読む字です。そんな時は、振り仮名を付けない限り、正確に読んでもらえない可能性があります。

誰だって自分の名前を読み間違えられると気分を害しますし、間違えてしまった方も気まずいものです。しかし、ひらがななら読み間違えられて、お互いにギクシャクしてしまう心配がありません。

小さいうちから自分の名前を書ける

誰だって学年が低いうちは、難しい漢字は書くことができないものです。しかし、ひらがななら入学する時点で誰でも書けるので、小学校1年生のうちから書くことができます。

また、小学校もある程度の学年になると、テスト用紙に自分の名前を正確に書くことを要求されるようになります。そんな時は凝った漢字を使った名前よりも、簡単に書けるひらがなの名前の方が有利だと言えるでしょう。

複数の意味や願いを込められる

ひらがなの名前には、一つの名前に複数の意味を持たせる事ができます。例えば、「ゆう」という名前を思い浮かべてみて下さい。漢字で書くと、優・遊・悠・由宇・夕など、実に様々な書き方がある事が分かります。

「生まれたのは、夕方。のびのびと遊ぶように人生を楽しみ、周りの人にも優しくできる人になってほしいという願いを込めて、「ゆう」という名前にした」

こんな風に、名付けるやり方はいかがでしょうか?このように、1人の赤ちゃんの名前に複数の意味や願いを込めたい場合は、敢えてひらがなの名前を選ぶ方法も有効です。

漢字で書くより柔らかい印象を与えられる

もともと漢字は角ばった文字なので、使う字によっては硬い印象を抱いてしまいがちです。それに対し、ひらがなの名前は柔らかい印象を与えることができます。

例えば「もえ」「あい」という名前があったとします。漢字で「萌」「藍(または愛)」と書くよりも、ひらがなで書いた方が曲線も多いので読んだ方が受ける印象が柔らかくなるでしょう。印象が柔らかいと、可愛い名前だと感じやすくなります。

平仮名で名付けるデメリット

ここまでひらがなで名付けるメリットについて触れてきましたが、もちろんデメリットもあります。実際にどんなデメリットがあるのか、見てみましょう。

親の願いが伝わりにくい

ひらがなの名前は可愛いと感じやすいですが、同じ名前でも漢字で書けば「パパママがどんな願いや意味を込め、赤ちゃんに名付けたのか?」それをある程度想像する事が出来ます。 

しかし、ひらがなが示しているのは、漢字と違って音だけ。そのため、どういう意味や願いが込められているのか、一目で分かる方はあまりいないでしょう。

先程も挙げた通り、名前に複数の意味を込めるために、敢えて赤ちゃんにひらがなで名付けるパパママもいるでしょう。また、女の子が成長した暁に、「あなたの名前はここから取ったんだよ」と伝える事もできます。しかし、本人が忘れてしまったら、それまでです。

年を取った時に印象が変わってしまう

小さいうちは、「早くから自分の名前が書けるようになって嬉しい」と女の子本人も喜ぶし、名前も可愛い印象を受けるでしょう。しかし、就職活動を始めたり、世間からおばあちゃんと呼ばれる年齢に達したりした時は、どうでしょうか?

人によっては「いい年してこの名前なんて恥ずかしい」と思ったり、可愛いというよりは「軽い」という印象を持たれてしまったりすることもあります。そのため、名付ける際は大人になったり年を取ったりしても通用する名前を選ぶ必要があります。

姓名判断で見る平仮名の名前

人によっては、「ひらがなの名前は姓名判断上良くない」と主張する方もいます。本当にひらがなの名前は、姓名判断上良くないのでしょうか。

「女の子らしい可愛い名前だと思って一生懸命に考えたのに、付けちゃいけないの?」「赤ちゃんの名前は漢字じゃないとダメなの?」そんな風に気になるパパママのために、姓名判断から見たひらがなの名前についてまとめました。

字体ではなく文字の画数で鑑定している

鑑定士が姓名判断で見ているのは、字体ではありません。文字の画数で、判断しているのです。そのため、「名前が漢字なのか、ひらがななのか」というのは取り立てて重要ではないと言えるのです。

また、漢字であっても旧字体か新字体かによって、画数が変わってしまいます。そして鑑定士によっては同じ字でも新字体で鑑定する人もいれば、旧字体で鑑定する人もいます。同じ漢字を使った名前のはずなのに、鑑定士次第で意味の良し悪しが変わってしまうのです。

平仮名が悪いという根拠はない

ひらがなで名付けることに対し、「漢字をくずして作った字だから、他人によって運命を崩される」と主張する方もいます。しかし、実はひらがなが悪いという根拠はありません。なぜなら漢字にも、避けるべきと言われる字があるからです。

例えば、「光」という字を思い浮かべてみて下さい。ごく当たり前の字ですが、この字には「頭の上で炎が燃えている」という由来があります。そのため、「光」という字を使うと「中年以降、燃え尽きた人生を送ることになる」とも言われているのです。

いずれも根拠のない説ですので、気にする必要などありません。パパママが真に納得し、付けたいと思った名前を付ければ良いのです。「可愛いからこの名前が良い!」「女の子らしくて素敵だと思う」その気持ちを大切にして下さい。

女の子のひらがなの名前一覧【春生まれ編】

春生まれの女の子に似合いそうな、ひらがなの名前を集めてみました。可愛い、そして素敵な名前がたくさんありますので、赤ちゃんに名前を付ける際にぜひ参考にしてみて下さい。

二文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
はる はな さき もえ ひわ
なの めい かや かの みさ

こちらが二文字の女の子の名前で、春生まれに相応しいものです。「はる」は言うまでもなく春から、そして「はな」は春に咲き誇る花からとっています。次に「さき」は花が咲く様から、「もえ」は草木の芽が出て伸び行く「萌え」を意味します。

次に「ひわ」は、太陽の陽(ひ)または「日が差す」の日(ひ)と、それと「和(わ)」を合わせた意味で、「なの」は春の象徴とも呼べる菜の花から最初の2文字をとっています。

次に「めい」は芽が出る様と衣(い)を重ねたもので、「かや」は花と耶を合わせたもの、そして「かの」は花と乃を合わせています。最後の「みさ」は、満開の桜で「満桜(みさ)」です。

三文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
こはる はるみ ももか さくら みおう
さつき うづき めばえ あおは ほのか

こちらが春生まれの女の子に向けた、三文字の名前の一例です。「こはる」「はるみ」は春という季節から、「ももか」は桃の花からとっています。そして「さくら」は桜、「みおう」は「美しい桜」という意味です。自然をテーマにした、可愛い名前が多いです。

続きまして「うづき」は4月、「さつき」は5月を意味し、「めばえ」や「あおは」は新芽の芽生えや生えてきた青々とした葉っぱという意味です。最後の「ほのか」は、暖かくなってきたことで差し込む柔らかな日差しをイメージしています。

女の子のひらがなの名前一覧【夏生まれ編】

続いて、夏生まれの赤ちゃんに似合いそうな名前を、二文字編・三文字編に分けてご紹介します。可愛い赤ちゃんにピッタリの名前を、ぜひ見つけてみて下さい。

二文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
なつ ゆり れん かよ うみ
なみ なぎ ゆう そら りん

「なつ」は言うまでもなく、季節の夏からとっています。そして、「ゆり」「れん」は夏に開花する百合の花と蓮の花から、「かよ」は夏の夜という意味です。

続きまして「うみ」は海、「なみ」は波、「なぎ」は「凪」、そして「ゆう」は「汐」と、いずれも夏の海を連想させる名前です。

「そら」は言うまでもなく空、「りん」は風鈴からとっています。この他にも、夏の季語や夏に開花時期を迎える花を調べてみると、また名付けの幅が広がるでしょう。

三文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
ひまり ななみ はづき こなつ ゆりか
さゆり みなと ほたる ひなた はなび

「ひまり」はヒマワリの花から、「ななみ」は「七つの海」からとっています。そして「はづき」は8月の古い言い方である「葉月」から、「こなつ」は「小夏」をひらがなにした名前で、「ゆりか」「さゆり」は百合の花が由来です。

そして、「みなと」は港または湊(水が集まる場所・船着き場)、「ほたる」は蛍、「ひなた」は日向からとっています。また、最後の「はなび」は、夏の風物詩である花火からとっています。

女の子のひらがなの名前一覧【秋生まれ編】

続きまして、秋生まれの女の子に似合いそうな名前をご紹介します。二文字の名前と三文字の名前、両方を集めましたのでぜひ赤ちゃんに名前を付ける際に参考にして下さい。

二文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
あき ふみ まい うた ふう
はぎ きく らん ひな りか

「あき」は言うまでもなく季節の秋から、「ふみ」は読書の季節でもあるため「文(ふみ、と読み手紙や書物という意味)」という言葉からとっています。続きまして「まい」「うた」は芸術の秋とも言うので「舞」や「詩(うた)」から、「ふう」は秋風が由来です。

「はぎ」は秋の七草の1つである萩から、そして「きく」は俳句の季語でも秋に分類される菊の花から取っています。「らん」も同じく、蘭の花が由来です。その次の「ひな」は秋の木漏れ日をイメージした日向から、「りか」は秋が旬の果物の梨から取っています。

三文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
かえで もみじ こはる ちあき あきえ
みのり いなほ かりん しおり わかこ

こちらが秋生まれの赤ちゃんに向けた、三文字の名前の一例です。「かえで」「もみじ」はモミジから、そして「こはる」は春生まれの名前にも登場しましたが、ここでは秋の気候の小春日和からとっています。

続きまして「ちあき」「あきえ」は季節の秋から、「みのり」「いなほ」は秋の実りや稲穂を意味します。次の「かりん」は秋に実のなる花梨から、「しおり」は読書の秋にちなんで本の栞が由来です。最後の「わかこ」は芸術の秋に倣い、和歌からとっています。

女の子のひらがなの名前一覧【冬生まれ編】

続きまして、冬生まれの女の子に向けた、ひらがなの名前をご紹介します。こちらも可愛い、素敵な名前ばかりですので、ぜひお気に入りの名前を見つけ赤ちゃんの名付けの際に参考にしてみて下さい。

二文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
えま ゆき せつ ゆず れい
むつ りん さえ ゆめ みさ

「えま」は「霜真(えま)」という女の子の名前を、ひらがなに崩したもの。これは冬の始まりに、霜が降りる様が由来となっています。「ゆき」は言うまでもなく雪で、「せつ」はそれを音読みした言葉を意味します。「ゆず」は柚から、そして「れい」は冬の冷気が由来です。

続いて「むつ」は1月の古い言い方の睦月(むつき)から、「りん」は凛と張り詰めた冬の空気を意味します。「さえ」も同じく、冬の冴えた空気が由来です。続いて「夢」は初夢から、最後の「みさ」は聖夜にちなんでクリスマスミサからとっています。

三文字の女の子の名前

名前 名前 名前 名前 名前
みゆき こゆき ふゆみ まふゆ みかん
なずな りっか ましろ せいな かんな

「みゆき」「こゆき」は雪から、そして「ふゆみ」「まふゆ」は文字通り季節の冬から取っています。続いて「みかん」は果物のミカンから、そして「なずな」は春の七草のナズナが由来です。「りっか」は六花と書いて、雪の結晶を意味します。

「ましろ」は白い息や雪など、冬を連想するもの全般から、「せいな」はクリスマスの聖夜にちなんでいます。そして最後の「かんな」は、ミカンの「かん」の音から取っています。
 

女の子のひらがなの名前一覧【かわいい名前編】

名前 名前 名前 名前 名前
かなで きらら うらら あん のどか
ひな かずは ふたば いちか るり

こちらが女の子の、ひらがなを使った可愛い名前の一例です。まず、「かなで」は奏でるという言葉が由来で、「きらら」は花崗岩などに含まれる雲母を意味します。「うらら」は麗しいという意味で、「あん」は果物の杏子から取っています。

続きまして「のどか」は長閑な日差しのイメージから、「ひな」は雛を由来としています。「かずは」は一葉、「ふたば」は双葉と葉っぱがモチーフで、「いちか」は1つの花という意味です。そして最後の「るり」は、宝石の瑠璃から取っています。

女の子のひらがなの名前一覧【かっこいい名前編】

名前 名前 名前 名前 名前
ことね ふみか みつき みふゆ りん
とわ せつか かおる ひとみ しおん

女の子の名前には可愛い名前だけでなく、かっこいい名前も存在します。こちらがその一例です。まず、「ことね」は楽器の琴の音から、「ふみか」は文(ふみ=昔の書物という意味)という言葉にあやかって「知性豊かな子に育つように」という願いを込めています。

続きまして、「みつき」は満月から、「みふゆ」は美しい冬という意味です。「りん」は季節の名前でも何度か登場しましたが、凛とした空気や鈴など、様々な意味を持たせることができます。また、響きもかっこいいです。

次に「とわ」は永遠から、「せつか」は雪の花という意味です。「かおる」は「かおり」ではなく、敢えて「かおる」と読ませることで、不思議な雰囲気を醸し出しています。「ひとみ」は瞳から、最後の「しおん」は紫苑の花からとっています。

女の子のひらがなの名前一覧【古風な名前編】

名前 名前 名前 名前 名前
わかな くるみ つむぎ さよ すみ
うめ みこと たえ すず なぎさ

こちらが、古風な女の子の名前の一例です。「わかな」は若菜、「くるみ」はクルミでしょう。「つむぎ」は着物の紬をはじめ、「集める・引き出す」という意味もあります。「さよ」は小夜から、「すみ」は「澄み切った」という言葉が由来です。

続いて「梅」は言うまでもなく梅、「みこと」は命または尊などから、「たえ」は妙(数少ない女性、言わば滅多に見ない美しい女性という意味)、「すず」は鈴を意味します。そして最後の「なぎさ」は海の渚が由来です。

「女の子のひらがなの名前」の人気おすすめランキングTOP5

続きまして、女の子のひらがなの名前で、人気の高いものをランキングにしてまとめました。5位から1位までご紹介しますので、順番に見ていきましょう。

第5位:ひまり

先程挙げた、夏生まれの女の子の名前にも登場しましたが、ヒマワリから取った名前です。「ヒマワリのように、常に光のある方を向いていて欲しい」「周りの人も明るい気持ちにできる、元気いっぱいな子になって欲しい」といった願いを込めることができます。

第4位:すみれ

「すみれ」は昔から親しまれている、代表的な女の子な名前の一つです。みなさまもご存知、スミレの花から取っています。

スミレと言えば、小さいながらも可憐な姿が美しく、見る人の心を和ませます。また、アスファルトの裂け目など、何処からでも生えて育つという強さも特徴です。

「誰からでも好かれる子になって欲しい」「何が起きても負けずにやっていける、前向きで強い子になって欲しい」という願いを込めて名付けるパパママが多いようです。

第3位:あかり

「あかり」も同じく、昔から親しまれている人気のある名前の一つです。漢字で書くと、「灯」または「明」でしょうか。

「周りの人の行く手を照らす、灯のような子に」あるいは、「光の差す方向を常に見据え、真っ直ぐ正直な子に」「光を通して見る様に、物事の本質を見極められる賢い子になって欲しい」など、様々な願いが込められそうです。

第2位:あおい

こちらも昔から親しまれて名前です。「あおい」と言うと、青い空や海、あるいは葵の花を連想することができます。

「澄み切った空や海のように、明るく爽やかな女性になってほしい」もしくは葵の花言葉の一つである大望から取り、「将来大きな夢を叶えられる大人になってほしい」という願いを込めて、名付けることも出来るでしょう。

第1位:さくら

おすすめランキング堂々の一位に輝いたのは、「さくら」です。由来は言うまでもなく、日本の象徴とも言える桜の花です。春の暖かな陽気や物事の始まり、そして桜の花の可憐で可愛いイメージが連想されます。

「桜の花のように、万人から愛される子になるように」「周りの人の心を和ませられる子になるように」といった願いを込め、名付けるパパママもいるようです。

ひらがなの名前には魅力が満載!

ここまで女の子の名前でひらがなを使うメリット・デメリット、そして季節毎の名前や人気ランキングなどについてまとめてきました。たくさんの名前を紹介しましたが、可愛い我が子にピッタリの名前は見つかったでしょうか?

ひらがなの名前は他の人からも読み間違えられる心配がないこと、お子さんも小さいうちから自分の名前が書けるようになること、1つの名前に対して複数の意味や願いを込められること、そして柔らかい印象を受けることなどが分かりました。

「赤ちゃんにどんな名前を付けようか?」そんな風に迷った時は、漢字の名前にはない魅力やメリットも満載のひらがなの名前を、候補の1つに入れてみて下さい。

関連するまとめ

Original
この記事のライター
wakabaiori
普段は求人広告を書いたり、歌の歌詞を作っているWebライターです。よろしくお願いします。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ