スワイパー村とは?カンボジアの売春スワイパー村の現在!

カンボジアのプノンペンにあるスワイパー村では少女の売春行為が当たり前のように行われていました。 そんなスワイパー村の気になる現在についてお伝えします。 また日本では絶対に違法行為ですが、世界では合法とされている驚くべき売春産業を紹介します。

スワイパー村とは?カンボジアの売春スワイパー村の現在!のイメージ

目次

  1. 1カンボジアのスワイパー村とは?実態と現在!
  2. 2スワイパー村とは?
  3. 3スワイパー村の売春の内容
  4. 4スワイパー村の現在
  5. 5世界にある売春村一覧
  6. 6インドには聖なる売春がある?
  7. 7世界ではまだまだ売春が行われている

カンボジアのスワイパー村とは?実態と現在!

カンボジアのプノンペンに存在するスワイパー村ですが、かつては売春産業で成り立っていたほどの売春村でした。
しかも売春している女性のほとんどは小・中学生くらいの少女ばかりです。
もちろん児童売春で違法ですが、なぜスワイパー村が売春で盛んな村となったのかお伝えします。

またなぜスワイパー村が売春で栄えたのか、現在はどうなっているのか詳しく紹介していきます。

スワイパー村とは?

世界遺産「アンコールワット」で有名なカンボジアのプノンペンにスワイパー村はあります。
一言で言えばスワイパー村とは売春が合法化されていた村でした。
カンボジアの物価はかなり安く、日本での夜遊びと比べても格安で売春をすることが可能な国です。

さらに若い女性を買うことができることからスワイパー村には日本人も多く訪れることが多いようです。
まさに男性にとって夢のようなスワイパー村ですが詳しく説明していきます。
 

カンボジアのプノンペンにある売春村

プノンペンの都市部は栄えていますが、スワイパー村は貧困層が多く都市部とそうでないところでは貧富の差が激しいです。
都市部では売春などの行為は蔓延していませんが、貧困層が多く治安の悪いスワイパー村では売春が蔓延していました。

また、日本からスワイパー村に行くには直行便が出ていないのでバンコクやホーチミン、シンガポールなどを経由してプノンペンへ行き、合計で大体7〜9時間くらいで到着できます。
旅費としては往復で60,000円〜70,000円で行くことができます。

夜遊びが出来る村として有名

都市部では売春行為は認められていませんでしたが、プノンペンの中でも貧困層が多いスワイパー村では当たり前のように売春行為ができました。
スワイパー村自体が売春産業で成り立っていて実はそこに住む住人の多くはカンボジア人ではなくベトナム人です。

ポルポト政権が崩壊した後に貧困化したベトナムからスワイパー村へ移住してきたと言われています。
その結果お金に困ったベトナム人が売春を始め、安い価格で夜遊びができる村としてスワイパー村は有名になりました。

親に売られる娘や息子

スワイパー村の住人は貧しい人ばかりで、父親が病気で働けなくなり仕方なく娘に売春させるケースもあれば、借金を返すために売春させるケースなど多種多様にあります。
その結果スワイパー村では「若い女の子を買える」という噂が広まり、自然と小児性愛者(幼い少女が好きな人)が集まりそれが産業へと繋がっていきました。

若い娘や息子の需要が高まり親としてはお金のために仕方なく売春させているというのが当時のスワイパー村の現状でした。

スワイパー村の売春の内容

スワイパー村は売春産業がとても盛んな村でしたが、少女を格安の金額で抱けるということから1990年代は売春で潤っていました。
しかしスワイパー村で売春をする女性の年齢が7〜14才と小・中学生と言う若さの少女たちでした。

さらにスワイパー村はとても貧しく、売春をしなくては飯を食べていくことすらできない状況だっため親が娘や息子を売春に斡旋することが当たり前のように行われていました。
それではスワイパー村で行われていた売春の内容を詳しく説明していきます。

処女証明を医者が発行

処女証明書とはその名の通り自分が処女であることを証明するための書類ですが、スワイパー村ではこの処女証明書が自分の価値を上げるために必要です。
その理由は若い娘の需要があり、その中には処女を求めて売春する男性もいます。

スワイパー村に住むキエウさんは当時12才の時に病院で医師から処女証明書を発行され、そのままカンボジア人男性にホテルに連れて行かれ2日間に渡って強姦されたとの話もあります。
国をあげて売春に力を入れているように見えますが、これが当時のスワイパー村の現状です。

旅行客に強姦される少女

治安の悪いスワイパー村ですが、もちろん事件も耐えることはないです。
中には少女が抵抗できないことをいいことに旅行客によって強姦されたという事例もあります。
実際に売春をするときはお金を払い置屋という汚い部屋の中でプレイを行いますが、中には我慢ができずに強姦してしまう旅行客もいます。

しかしそれで警察が動くわけでもなく事実泣き寝入り状態なのが当時のスワイパー村の現状でした。

売春費用は日本円の500円?

日本では風俗と言えば様々なジャンルがありますが、平均的な金額で言えば15,000円くらいです。
それに比べてスワイパー村での1回の料金は5〜15ドルで、泊まりでのプレイになれば20〜30ドルです。
日本とは比べ物にならないくらい安く、スワイパー村ではいわゆる本番行為も当たり前のように行われています。

若い女性ほど料金は高くなっていきますが、具体的な年齢をあげると7〜14才くらいが多いと言われています。
つまりスワイパー村では小・中学生くらいの女の子と1回500円でプレイすることができます。

ベトナム人が大半を占める

前述しましたが、スワイパー村はカンボジアのプノンペンにありますが、実際スワイパー村に住む多くの人はベトナム人です。
ポルポト政権崩壊のために仕方なくスワイパー村に移住してきて、仕事に困った住人たちが売春に手を出していたようです。

またベトナム人は肌が白く顔の輪郭や雰囲気が日本人に似ているので、日本人受けがいいと言われています。
なので若くて日本人女性っぽい少女を抱くことができるということから、日本人がスワイパー村に足を運ぶ理由がわかります。

スワイパー村の現在

スワイパー村では現在は売春がほとんど行われていません。
かつて1990年代には売春産業で潤っていたスワイパー村ですが、約10年間続いた売春産業も2003年に一気に摘発されてしまいます。

児童売春を根絶しようとNGO団体やカンボジア国家が動くことになりますが、それでも未だに隠れて売春を行っているという噂もあります。
そんなスワイパー村の現在がどうなっているのか説明します。

10年前に売春停止

1回500円という格安料金で小・中学生くらいの年齢の少女を売春できるとして多くの男性旅行客が訪れ、全盛期には日本人男性や白人男性など各国から色んな人種の人たちが夜遊びを楽しむために溢れかえっていましたが2000年頃から一気に売春産業が姿を消していくことになります。

1990年代はまだ政府が動くこともなく売春産業で栄えていましたが、実際スワイパー村の内情は親が娘や息子を売春に行かせてお金を得ていたという悲惨なものでした。
これが長く続くはずもなく現在から約10年前に売春が停止されます。

NGO団体が介入

とうとうスワイパー村はNGOから目をつけられることになり、2000年に児童売春撲滅を掲げていたNGOが児童売春の象徴としてスワイパー村摘発の動きを見せはじめます。
その時にNGOの係官がスワイパー村に潜入し売春を行った男性の顔写真を撮影してネットに公開もしています。

さらにカンボジアのフンセン首相も買春撲滅を目指して2003年には警察も含めた一斉摘発が行われ、約10年続いたスワイパー村の売春産業も終焉に向かいます。
 

裏ではまだ行われているとの噂も

一斉摘発が行われ多くの売春はなくなりましたが、それでも現在スワイパー村では売春を行っているという噂もあります。
その売春をやっている場所を見つけるためにはスワイパー村の警官と仲良くなることで紹介してもらえるそうですが、自ら「売春をしたい」と名乗ってしまったら逮捕される可能性もあるので止めた方がいいです。

しかし、スワイパー村での売春がなくなりましたが現在でもカンボジアで風俗が盛んな場所はあります。
それが「リバーサイドのガールズバー通り」です。
ここでは現在でも売春が盛んに行われており、ベトナムからわざわざ出稼ぎにくる少女もいるそうです。
昔のスワイパー村のような活気を味わうためにはこちらに行った方が良さそうです。

世界にある売春村一覧

紹介したスワイパー村は現在ではほぼ売春は行われなくなっています。
しかし他にも世界には数多くの売春村が存在します。
その中には非合法なものもあれば、国が認めた売春エリアもあります。

こちらでは世界に存在する売春村の中でも押さえておきたい有名な売春村を紹介します。
どれも日本の料金やサービスとはかけ離れた価値観で成り立っているので参考にしてください。

千戸洞

韓国ソウルの東の端っこに位置する千戸洞(チョノドン)という村では何年か前に未成年風俗のメッカとして有名になりました。
ここの住人たちは高度成長期にソウルを追い出された貧困層や、再開発の犠牲になった人たちが移り住んでいます。

千戸洞の風俗の1回の料金は15分で7万ウォン、30分では10万ウォンが相場です。
日本円にして7,000〜10,000円でプレイでき、日本の風俗と違い挿入もありです。
さらにはゴムを着用せずともさせてくれるようなのでサービスを含めれば日本と比べても格安となっています。
 

ブキッ・ビンタン

ブキッ・ビンタンとはマレーシアのクアラルンプールにある通りのことです。
高級なショッピングモールなどが並ぶ街並みですが、もちろん風俗産業も盛んです。
ブキッ・ビンタンには日本の風俗のように種類は多くなく、主にSpaと呼ばれるソープの体系しか基本的にはありません。

お店の中に入るとロビーには下着姿の女性がいて好きな子を選んでプレイしたくなったら別の部屋に行って行為をするという流れです。
女の子のレベルも高く1回の料金は日本円で7,500円くらいなのでブキッ・ビンタンは風俗のレベルとしては高いようです。

フィゲロア通り

フィゲロア通りはアメリカのロサンゼルスにある通りのことです。
フィゲロア通りは治安が悪くパトカーのサイレンが鳴り響き、通りには明らかに売春婦らしき女性が立ちんぼをしています。
しかも女性はかなり若く見た目からしてまだ未成年が多いみたいです。

彼女らは縄張りみたいなのが決まっており、その区画に入っていくと向こうから声をかけてきてOKであれば場所を決めてプレイをするというのが流れです。
しかし犯罪率がかなり高く警官ですら裏路地で命を落とすこともありますのでフィゲロア通りでの売春はかなり危険です。
 

ゾナ・ノルテ

ゾナ・ノルテはメキシコのティフアナにある風俗街です。
ゾナ・ノルテは法律で売春が合法化されており安全に遊べることから多くの男性客で賑わっています。
「Hong Kong Gentlemen’s Club」というお店ではお立ち台の上で水着姿の女性が踊っており、気に入った子がいれば声をかけてお店の中にある個室でプレイをすることが可能です。

中にはVIPルームも存在し、48ドルで人目につかない個室でお酒を飲みながら女の子とプレイをすることも可能です。
また、立ちんぼの女の子もいてこちらは約20ドルほどでプレイ可能なようです。

インドには聖なる売春がある?

インドには生まれつき売春婦として生きていくことを強いられた少女たちがいます。
日本人の多くは学校を出て会社に就職してお金を稼ぎますが、彼女たちの常識は売春をしてお金を稼ぎます。

親の世代から受け継がれてきた売春制度は少女たちの頭の中に当たり前のように植えつけられており、あるタイミングから売春婦として働きはじめて現在でもインドに来た男性客を相手に体を売り続けています。
そのインドの珍しい聖なる売春について説明します。

売春カースト

カーストというのは階級制度という意味がありますが、インドには売春をするために生まれついた売春カーストというのがあります。
この売春カーストが根付いた村に生まれた女性は、生理が来たら売春婦として仕事を始めます。
これが村の決まりで親の代から代々受け継がれてきたそうです。

初生理は10〜15才くらいから始まりますのでインドの売春婦はかなり若いです。
さらに仕事と言うよりも生き方として売春婦をしているので。タイやバンコクの売春婦よりも積極的に男性に近寄ってきて売春を持ちかけてきます。
料金は300ルピーで日本円にして500〜600円です。
 

デーヴァダーシー

幼い少女が女神に奉納されて寺院の性奴隷として一生暮らしていくことをデーヴァダーシーと言います。
元々デーヴァダーシーは社会的地位も高く寺院の踊り子の役割をしていましたが、僧侶や王族などに体を売っていきその地位が落ちぶれてしまいます。

デーヴァダーシーたちは女神に体を捧げているという考えから売春に対して恥じらいを持っておらず、20年前に違法になっても未だに毎年3000人が奉納されています。
またインドの売春宿で働く女性の40%は18才以下で、売春カーストの少女たちは今でも売春を続けています。

世界ではまだまだ売春が行われている

かつて売春産業の代表ともされていたスワイパー村ですが、今では摘発により売春が行われなくなりました。
普通の売春だったらまだ続いていたかもしれませんが、児童売春だったことが原因です。
しかし、まだ世界では多くの児童売春が行われています。

需要がある以上まだ児童売春は続いていますが、いずれスワイパー村のように摘発される日が来るかもしれません。
世界で見ると国で売春が合法化されているところもあるので、もし海外で夜遊びするならそちらの方が安全ですので気をつけて遊ぶことをオススメします。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
高橋秀夫

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ