高島雄平(レジェンド校長)とは?伝説や現在!フィリピン売春まとめ!

高島雄平(レジェンド校長)という人物をご存知でしょうか?高島雄平(レジェンド校長)は、そのニックネームの通り、中学校の校長をして定年退職した人物です。フィリピンで買春をして逮捕された高島雄平(レジェンド校長)の伝説や現在の様子を見ていきましょう。

高島雄平(レジェンド校長)とは?伝説や現在!フィリピン売春まとめ!のイメージ

目次

  1. 1高島雄平(レジェンド校長)とは?伝説や現在まとめ!
  2. 2高島雄平(レジェンド校長)とは?
  3. 3高島雄平(レジェンド校長)の経歴
  4. 4高島雄平(レジェンド校長)はどんな人物だった?
  5. 5高島雄平(レジェンド校長)の家族は?
  6. 6高島雄平(レジェンド校長)の伝説とは?
  7. 7高島雄平(レジェンド校長)の判決は?
  8. 8高島雄平(レジェンド校長)のフィリピンでの評判は?
  9. 9高島雄平(レジェンド校長)の国内での評判は?
  10. 10高島雄平の現在は?
  11. 11高島雄平のこれからに注目していこう!

高島雄平(レジェンド校長)とは?伝説や現在まとめ!

高島雄平(レジェンド校長)という名前を聞いたことがありますか?高島雄平(レジェンド校長)は、フィリピンでとんでもない数の買春をして日本で逮捕された人物です。高島雄平(レジェンド校長)は、日本で中学校の校長をしていた人物でもあります。

中学校の校長という立場でありながら、フィリピンで1万人を超える買春をしていたことが明らかになり、日本で逮捕されました。そのあまりの数の多さに、日本では特に男性からレジェンドという冠をつけて呼ばれるようになったのです。

以下では、高島雄平(レジェンド校長)のフィリピンでの様子や伝説となった行為の数々、現在は何をしているのかなどについてまとめていきます。そのあまりの卑劣さに驚くかもしれません。高島雄平(レジェンド校長)はギネス級のとんでもない校長なのです。

高島雄平(レジェンド校長)とは?

高島雄平(レジェンド校長)という人物は、フィリピンで1万人もの売春婦の相手をして買春していたことが発覚して逮捕された人物です。児童買春もかなりの数していたと言われています。売春婦の年齢層も下は10代上は70代を相手にしていたようです。

売春婦たちに非常に親切に接していたと言われる高島雄平(レジェンド校長)ですが、フィリピンのマニラにある日本人学校に赴任したころから、売春婦をブローカーに斡旋してもらっていたようです。日本に帰国後は中学校の校長をしています。

校長と言えば、間違ったことはしないという立場であるべきですが、とんでもないことに、この高島雄平(レジェンド校長)は、26年にもわたってフィリピンにせっせと通っては、売春婦を相手にセックスしていたのです。

こうしたことを自分で写真に収め、アルバムにして思い出として保管していたようです。売春婦たちには非常に優しく接していたようで、日本で逮捕された後はブローカーや売春婦たちは無罪にしてほしいと訴えていたともいわれています。

レジェンド校長と呼ばれる理由

高島雄平がレジェンド校長と言われるにはそれなりの理由があります。それは、高島雄平(レジェンド校長)がフィリピンで相手にした売春婦の数が尋常ではなかったからです。その合計人数は、1万人を超えていたと言われています。

フィリピンの日本人学校に赴任してから、フィリピンに足しげく通い、なんと26年もの長い間、売春婦をブローカーに斡旋してもらっていました。関係を持った売春婦たちを一人一人写真に収め、一人一人に番号を振っていたようです。

そうした様子が自宅で発見されたアルバムに収められているのです。最後の番号が12660で終わっていたため、高島雄平(レジェンド校長)がフィリピンで相手にした売春婦の数が12660人だったのだろうと言われています。

こうしたとんでもない数の売春婦を受けて、世間はあきれることより、もはや茶化して崇拝するイメージでレジェンドと呼んでいるのです。もちろん、全く伝説などではなく、犯罪なのですが、ギネス級の人数であったことから、レジェンド校長という言葉が生まれました。

厳格だが気さくな一面も

高島雄平(レジェンド校長)は、実際の学校現場ではどのような印象を持たれていたのでしょうか?高島雄平(レジェンド校長)は、学校現場では、厳格な一面を見せていましたが、気さくな印象も持たれていたようで、評判は上々だったようです。

高島雄平(レジェンド校長)は、高島先生という名前を略して、「タカセン」と呼ばれていたそうです。先生としては、厳格さと気さくさの両方を持っている先生は人気があるとも考えられるので、学校現場では悪くない先生だったのかもしれません。

高島雄平(レジェンド校長)の経歴

高島雄平(レジェンド校長)とはどういう人かについてまとめましたが、続いては、高島雄平(レジェンド校長)の経歴についてまとめてみましょう。高島雄平(レジェンド校長)は、日本で教員として採用されてから、フィリピンの日本人学校に赴任します。

そして、そのころに売春婦を相手にするようになったと言われています。帰国後は、中学校の校長をしていました。こうしたことから、レジェンド校長と呼ばれるようになったのです。教員を定年退職して、退職金3000万円をもらったと言われています。

高島雄平(レジェンド校長)が児童買春の容疑で逮捕されたのは、教員を定年退職した後でした。つまり、学校現場にいたころには誰も、高島雄平(レジェンド校長)が児童買春をしていることは知らなかったのです。

フィリピン・マニラの日本人学校へ赴任

高島雄平(レジェンド校長)は、1975年に横浜市に教員として採用されました。その後、1988年にフィリピンのマニラにある日本人学校に赴任することになります。売春婦を相手にするようになったのはこのころからであると供述しています。

その後帰国するのですが、それでも売春婦の相手はやめることはなかったそうです。実に26年もの長い間、売春婦を相手にしていたと言われています。フィリピンは日本よりも安い値段で行為に及ぶことができるので、それに味をしめたと考えられています。

帰国後は横浜で校長を歴任

高島雄平(レジェンド校長)は、フィリピンのマニラにある日本学校に赴任してから、1991年に日本に帰国しています。そして、その後は、横浜にある中学校で教諭をしていて、その後校長にまで上りつめています。

校長になるまで行くには、それなりに人望がないと無理でしょう。裏で児童買春をしているとは知ることのない同僚や生徒たちを思うとかわいそうで仕方ないとも言えます。結局、帰国してからもフィリピンに通いながら児童買春を続けていました。

2011年に教員退職

高島雄平(レジェンド校長)は、2011年に教員を退職しています。その退職金は、3000万円だったと言われています。当然のことながら、教員を退職している段階でも、フィリピンに足しげく通っていたのです。

教員生活のほとんどは、高島雄平(レジェンド校長)がフィリピン通いをしていた時間と重なります。表では生徒に慕われる先生を演じながら、裏ではその生徒たちとそれほど変わらない年齢の女の子とベッドを共にしていたのです。

高島雄平(レジェンド校長)はどんな人物だった?

高島雄平(レジェンド校長)の経歴について見てきましたが、続いては、高島雄平(レジェンド校長)がどんな人物だったのかについて見ていくことにしましょう。高島雄平(レジェンド校長)の伝説が知られている一方で、本人はどういう人だったのかをまとめます。

高島雄平(レジェンド校長)がしてきた児童買春は数が半端なく多いのです。こうしたことから、何かとんでもない鬼畜のような人物ではないかと想像してしまいがちですが、どうやら実際に会っている人からはそんなに悪い印象が聞かれないようです。

表ではいい人を演じていたということでしょうか?高島雄平(レジェンド校長)に対する評価は、意外にもそれほど悪くないのです。女性に優しいという意見さえあります。こうしたことから、人は見かけによらないと言えるのでしょう。

女性に対して優しい

児童買春などにより伝説となった高島雄平(レジェンド校長)ですが、女性に対して優しいという人もいます。特に、実際に買春した相手からは、良い人だったとか、優しかったという証言が得られているようです。

児童買春をしている人間が優しかったというのは何とも矛盾しているように聞こえますが、高島雄平(レジェンド校長)に女性を斡旋していたブローカーや実際に相手をした売春婦などの意見を総合すると、女性に対して優しいというのはどうやら真実のようです。

貧しい女性への金銭援助

1万人を超える女性を売春していたとして伝説となった高島雄平(レジェンド校長)は、貧しい女性への金銭援助をしていたと言われています。フィリピンに赴任していたころから、現地の貧しい人々の生活を目にしていたからでしょう。

高島雄平(レジェンド校長)は、現実には、貧しい生活から逃れるために売春をしている女性を相手にしているのですが、売春した相手に対して金銭援助をしていたという事実もあるようなのです。これは笑い話ではなく本当のことなのです。

伝説になった高島雄平(レジェンド校長)ですが、こうした側面を見てみると、彼の不思議な精神構造が見えてきます。どのような気持ちで女性たちに金銭援助をしていたかは不明ですが、金銭援助自体はかなり女性たちの助けになったことは間違いないようです。

性病患者を増やさない配慮

伝説となった高島雄平(レジェンド校長)ですが、性病患者が増えないように配慮していたことでも有名です。実際に性病患者を多く目にしていたからこその発想なのでしょう。自分は児童買春をしている身ながら、性病にも注意していたのです。

フィリピンは日本に比べれば衛生面で問題があると言えるでしょう。そうした環境で児童買春をしていたからか、性病には人一倍気を配っていたと言われています。自分が性病にならないためには、性病患者を増やさないようにしておくと良いと考えたのかもしれません。

高島雄平(レジェンド校長)の家族は?

高島雄平(レジェンド校長)がどんな人物だったのかをまとめましたが、続いては、高島雄平(レジェンド校長)の家族についてまとめていきます。伝説になってしまった高島雄平(レジェンド校長)ですが、彼の家族は非常に苦しい思いをしたことでしょう。

校長という立場でありながら、児童買春をしていたという衝撃の人物である高島雄平(レジェンド校長)の家族は、この犯罪についてどのように考えているのでしょうか?親子の縁を切ったという情報もないことから、家族としてはまだ離散はしていないようです。

以下では、高島雄平(レジェンド校長)の家族構成や、現在の様子などについて見ていくことにします。このような父親を持った子供のつらい気持ちは察するに余りあります。その後の子供たちの人生がおかしなことになっていないことを願うばかりです。

子供が3人の5人家族

高島雄平(レジェンド校長)の家族は5人です。彼と妻と子供が三人います。長男と次男、それに長女がいます。高島雄平(レジェンド校長)の犯罪が公になったのは、教職を引退したからですから、その当時はもうかなり大きかったことでしょう。

3人も子供を持ちながら、自分はフィリピンで10代の女の子とベッドを共にしていると考えると、気持ち悪いとしか言いようがないでしょう。こうした父親を持つ娘の気持ちを考えるとかわいそうとしか言いようがありません。

伝説となった高島雄平(レジェンド校長)ですが、家族に対してとてつもなく大きな苦しみを与えた存在とも言えます。現在家族がどのような生活をしているのかを知るすべはないですが、子供たちが幸せに暮らしていることを願うばかりです。

子供は全員成人

高島雄平(レジェンド校長)の3人の子供は、現在は全員成人しています。今はネットの時代なので、名前が特定されていないことを願うばかりです。父親が高島雄平(レジェンド校長)であることがばれたら、肩身の狭い思いをしなくてはいけないかもしれません。

救いなのは、父親が伝説となるほどの犯罪者であることが公になったころにはもうかなり大人になっていたことでしょう。こうした事実を小さい子供の時に知ったら、そのショックは計り知れないものとなっていたことでしょう。

高島雄平(レジェンド校長)の伝説とは?

高島雄平(レジェンド校長)の家族についてまとめていきましたが、続いては高島雄平(レジェンド校長)の伝説について詳しくまとめていきます。伝説をまとめてみると、高島雄平(レジェンド校長)の変態さが際立って見えてきます。

現在に至るまで伝説として語られるほどの衝撃の詳細をこれからまとめていきます。彼は、自分が相手をした売春婦を写真に収めていました。そして、それらの写真をアルバムにまとめて、家族と住む自宅に大切に保管していたのです。

衝撃的なのは、相手にした売春婦の数です。1万人を優に超える膨大な数の女性とベッドを共にしたのです。それを大事に番号を付けて保管して、家族が寝静まってから見ていたのでしょうか。伝説となった高島雄平(レジェンド校長)の鬼畜さをまとめておきます。

フィリピンで12000人以上との児童買春

高島雄平(レジェンド校長)と言う人物が現在に至るまで様々なまとめサイトなどで登場する理由は、高島雄平(レジェンド校長)が相手にしてきた女性の数がけた違いであるからです。その数は、1万人以上、正確には、12660人であると言われています。

高島雄平(レジェンド校長)は性欲の塊のような人間で、多い時には、1日に10人を相手にしていたと供述しています。フィリピンの日本学校に赴任してから実に26年間もの長い間に、休みのたびにフィリピンに通っていたのです。

これだけ膨大な数の女性とベッドを共にしていたら、何人かから苦情が来てもよさそうなものですが、そうした声は一切聞かれないそうです。上でも述べたように、高島雄平(レジェンド校長)は、女性にとてもやさしいと評判だったそうです。

買春した女性の写真をアルバムに残す

高島雄平(レジェンド校長)は、買春した女性を一人一人写真を撮って保存していました。そして、そうした写真を丁寧にアルバムにまとめていたのです。アルバムの総数は実に410冊、写真の枚数は14万7600枚に達していたようです。

このようにアルバムにまとめた理由は、思い出にするためだったと供述している高島雄平(レジェンド校長)は、アルバムをことあるごとに見返していたのでしょうか。このアルバムが動かぬ証拠となり、高島雄平(レジェンド校長)は逮捕されることになります。

記録写真は様々なシチュエーションで

現在まで語り継がれるほどの伝説を持った高島雄平(レジェンド校長)は、相手にした女性を一人一人写真に収めて、番号を振ってアルバムにまとめていました。そして、そうした記録写真は様々なシチュエーションで撮影していたようです。

アルバムの他にも、「我が秘密の生涯編」と題したノートがあり、そこにも買春の様子が克明に記録されていたそうです。「仕事のプレッシャーが強く、倫理観のたがが外れたときの解放感を味わった」という供述をしていたそうです。

相手にしていた女性は下は14歳から上はなんと70歳くらいまでだったそうです。そして、そのうち1割が18歳未満だったとの供述をしています。相手にした数が膨大なうえ、そのストライクゾーンの広さからも伝説と言われるようになったのでした。

高島雄平(レジェンド校長)の判決は?

現在に至るまで語り継がれる高島雄平(レジェンド校長)ですが、判決はどのようなものだったのかについてまとめていきます。実は、高島雄平(レジェンド校長)が問われた罪は、12660人すべてではありませんでした。

そして、その判決は非常に軽い印象を与えたのです。してきた事の重大さから考えて、判決があまりにも軽かったため、そうした点でも大きなニュースになった事件と言えます。現在まで繰り返し語られる事件としては軽い判決でした。

罪に問われたのは3人の少女に対する行為のみ

高島雄平(レジェンド校長)と罪に問われたのは、12660人分ではありませんでした。実は、なんとたったの3人の少女に対する行為のみが罪に問われたのです。これは、なかなか罪に問いづらい事情があったためと考えられています。

多くの国民の感情からすると、あり得ないことに思えますが、実際に罪として立証できるのがこの3人の少女に対する行為だけだったのです。高島雄平(レジェンド校長)としては、安心したというところが正直な気持ちだったでしょうか。

児童ポルノ製造法違反

高島雄平(レジェンド校長)が問われた罪状は、児童ポルノ製造法違反です。児童売春を3人に対しておこなったということから、この罪になりました。フィリピンまで26年もの間通い詰め、1万人を相手にした男に対する判決は実に軽いものでした。

懲役2年執行猶予4年

高島雄平(レジェンド校長)は、児童ポルノ製造法違反の罪で、懲役2年執行猶予4年の判決を言い渡されました。執行猶予が付いたことで、この判決の軽さが印象付けられました。1万人以上を相手にした児童買春事件としては軽い判決と思った人が多かったようです。

高島雄平(レジェンド校長)のフィリピンでの評判は?

現在まで伝説になっている高島雄平(レジェンド校長)の判決を見てきましたが、高島雄平(レジェンド校長)のフィリピンでの評判について見ていくことにしましょう。高島雄平(レジェンド校長)のフィリピンでの評判は全然悪くないというのが本当の所です。

フィリピンに戻ってきてほしいなどかばう声が多い

現在に至るまで伝説となり、家族に苦痛を味わわせた高島雄平(レジェンド校長)ですが、フィリピンでは戻ってきてほしいとかばう声が多いようです。女性を斡旋していたブローカーも売春していた女性も高島雄平(レジェンド校長)に対して好印象を持っているのです。

売春した女性の学費を援助

現在に至るまで伝説となり、家族を苦しめた高島雄平(レジェンド校長)ですが、売春した女性に学費を援助するなどしていたことが知られています。女性に対して親切なのかそうでないのかはっきりしない行動ですが、こうしたことからフィリピンでの評判が良いのです。

水揚げをしていた

高島雄平(レジェンド校長)は実は水揚げしていたことでも知られていたようです。水揚げとは、初めて客とベッドを共にすることです。ブローカーとしては、信頼できる客に水揚げを頼みたいのです。高島雄平はブローカーの信頼も得ていたということです。

高島雄平(レジェンド校長)の国内での評判は?

高島雄平(レジェンド校長)はフィリピンでは良い評判であることを見てきましたが、一方、日本国内ではどのような評判なのでしょうか?日本国内での評判は、最低と言えます。当然のことながら、校長という立場の人がやるような事件ではないので、怒りの嵐です。

罵詈雑言の嵐

日本国内での反応は、罵詈雑言の嵐と言ってよいでしょう。こうした反応は当然のことですし、自分が担当していた生徒とそれほど年齢の変わらない女の子とベッドを共にしているのですから、気持ち悪いとしか言いようがありません。

高島雄平の現在は?

高島雄平(レジェンド校長)は、現在どのような暮らしをしているのでしょうか。これほどまでに大々的に報道されてしまったのですから、自宅も特定されてしまったでしょうし、近所に知られていないわけがありません。以下では詳細を見ていきます。

自宅に引きこもっている

高島雄平は判決が下ってから、自宅に引きこもっていると言われています。名前もさらされ、自宅も特定されているので、逃げ隠れはもうできないのでしょう。近所に出かけるにも人の目がありますし、自宅でひっそりと暮らしているしか選択肢がないのかもしれません。

飲めないお酒を飲むように

高島雄平(レジェンド校長)は自宅に引きこもって、飲めない酒を飲んでいると言われています。判決が下ってから、眠れないようになったためお酒に手を出したそうです。お酒でも飲んでいなければ、生きていくことすらできないという心理状態なのかもしれません。

家族の中で孤立

高島雄平(レジェンド校長)は、事件以降、家族の中でも孤立しているそうです。こればかりは仕方ないでしょう。家族としてもかける言葉が見当たらないのが正直なところでしょう。威厳を持った父親だったはずが、家族に合わせる顔がないのでしょう。

近所付き合いもなし

高島雄平(レジェンド校長)は、自宅に引きこもり、家族の中でも孤立しているので、当然近所づきあいもないと言います。あれだけの事件を起こした人ですから、近所も知らないわけはありません。誰とも付き合わず、自宅に引きこもって何をしているのかは謎です。

高島雄平のこれからに注目していこう!

1万人以上の女の子とベッドを共にしていた高島雄平(レジェンド校長)について見てきましたが、いかがでしたか?教育をする人間がすることとは到底思えないようなひどい事件ですが、判決があまりにも軽く憤った人もいるかもしれません。

高島雄平(レジェンド校長)は現在、自宅に引きこもっているようですが、これからも何か注目されるようなことをするかもしれません。高島雄平(レジェンド校長)に関連した情報が出てくることを期待しておきましょう。

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ