アイスは太るのか?太る理由は?ダイエット中のアイスクリームは?

アイスを食べると太るのでしょうか?どの食べ物もそうですが、食べすぎれば当然太ります。アイスでも太りにくい食べ方があるのでまとめていきます。アイスで太る理由や、ダイエット中でも食べていいアイスクリームなどについて見ていきましょう。

アイスは太るのか?太る理由は?ダイエット中のアイスクリームは?のイメージ

目次

  1. 1アイスは太る?太ると言われる理由や原因は?
  2. 2アイスを食べると太るの?
  3. 3アイスクリームが太る理由や原因は?
  4. 4アイスで太りやすい部位は?
  5. 5アイスの太らない食べ方とは?
  6. 6ダイエット中のアイスはOK?
  7. 7アイスの食べすぎは良くない?
  8. 8なるべく太らない食べ方をしてアイスを楽しもう!

アイスは太る?太ると言われる理由や原因は?

アイスと言えば、年齢や性別を問わず、日本人が大好きな洋菓子の一つです。アイスはあまりにおいしいのでついつい食べ過ぎてしまうという人もいることでしょう。アイスを食べると太るのかについて気になる人もいることでしょう。

アイスクリームを食べると太るのかについて以下で詳しく見ていくことにしましょう。アイスに限らず、どんな食べ物でも食べすぎれば太ります。アイスだけが太るわけではありませんが、アイスは太りやすい食べ物であるということは周知の事実でしょう。

ただ、アイスクリームを食べると太るのかと問われれば、食べ方によるという言い方になるでしょう。アイスを食べると太るのか気になる人は、以下で挙げるおすすめの食べ方を参考にしてみましょう。ダイエット中にも食べることができるアイスがあります。

アイスを食べると太るの?

そもそもアイスを食べると太るのでしょうか?アイスを食べると太るのか気になる人は、アイスの成分を確認しましょう。アイスに含まれる成分は、卵・牛乳・砂糖です。砂糖は糖質ですから、食べ過ぎると当然太ります。

また、卵と牛乳も動物性油脂ですから、食べ過ぎると太ります。結局、アイスを食べすぎると確実に太ります。ただ、アイスを食べたいという衝動に駆られてたくさん食べてみたいという人もいるはずなので、太りにくい食べ方を紹介します。

アイスを食べると太るのかについては、食べ過ぎると太るし、食べ方によっては太りにくいと答えることができます。アイスが太りやすい理由や原因について以下で詳しく見ていくことにしましょう。

アイスクリームが太る理由や原因は?

アイスクリームを食べると太りやすくなります。アイスクリームを食べすぎると太ってしまうこともあるでしょう。アイスクリームを食べると太るのかについて気になる人は、以下で挙げる理由や原因を確認しましょう。

アイスがどうして太りやすい食べ物かが分かれば、太りにくい食べ方が分かってきます。およそ4割もの人が月に一回以上は確実に食べるというアイスですが、アイスに含まれる成分を確認することで、アイスを食べると太るのかという疑問に答えましょう。

アイスは脂肪も多い

まず、アイスを食べると太るのかという疑問に答える前に、アイスの成分を再確認しましょう。アイスには、卵と牛乳が用いられています。この二つは、動物性油脂です。動物性油脂が使われていることから、アイスにはたくさんの脂肪が含まれていることが分かります。

この動物性油脂が太る原因となりえるのです。以下で述べるように、アイスの種類には、ラクトアイスというものがあります。このラクトアイスがアイスの中で最も太りやすいと考えられています。なぜなら、ラクトアイスはさらに別の脂肪が含まれているからです。

ラクトアイスに含まれている脂肪とは、動物性ではなく、植物性のものです。つまり、ラクトアイスには、動物性脂肪と植物性脂肪の両方のタイプの脂肪が含まれているのです。したがって、ラクトアイスを食べると極めて太りやすいと言えます。

高カロリー食品

アイスを食べると太るのかという疑問に答えるためには、アイスを食べると太る理由を挙げる必要があります。アイスを食べると太る理由は、アイスが単純に高カロリー食品だからです。アイスは非常に高カロリーです。まず。砂糖がふんだんに使われています。

砂糖だけではありません。アイスに含まれている成分には、牛乳と卵があります。この牛乳と卵は動物性油脂です。この糖質と脂肪のダブルパンチによって、アイスは非常に高いカロリーを有している食品となっているのです。

アイスという食品を総合的に見れば、非常に高いカロリーを備えた食品であり、食べ過ぎれば確実に太ると言えます。アイスを食べたら太るのかという疑問には、非常に太りやすいので気を付けましょうという答えになるでしょう。

アイスの種類とは?

アイスと一口に言っても、実は4つの種類があることをご存知でしょうか?アイスという言葉には、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、それに、氷菓の4つが含まれているのです。アイスは単にアイスクリームの略語というわけではないのです。

気を付けたいのは、アイスはこの4種類を指しているので、アイスを食べたら太るのかという質問は漠然としているということです。アイスのうちの4種類は、太りやすさに違いがあります。ラクトアイスが最も太りやすく、氷菓が最も太りにくいと言われています。

ですから、太りたくないという人は、ラクトアイスを避けると良いでしょう。ラクトアイスは動物性脂肪だけでなく、植物性の脂肪も含んでいるので太りやすいのです。かき氷に近い氷菓を食べれば、それほど太ることを気にしなくても良いでしょう。

夜に食べるとどうなる?

アイスクリームを食べる時間も太るかどうかに影響します。アイスクリームを食べて太る理由は、脂肪の燃焼が行われているかどうかが重要です。夜の食べると太ると聞いたことがあると思いますが、これにはちゃんとした医学的な理由があるのです。

夜にアイスクリームを食べると太る理由は、夜という時間が睡眠の直前だからです。睡眠の直前に食べ物を体に入れると、胃腸が活性化してしまいます。それによって、睡眠が浅いものになってしまうのです。この睡眠の浅さが問題なのです。

睡眠が浅いことによって、脂肪燃焼のためのホルモンが分泌しづらくなります。脂肪燃焼ホルモンの分泌量が減ってしまうために、脂肪が燃焼されにくいのです。脂肪が燃焼されにくいということは、脂肪が体に残っていくということです。結果として太るのです。

アイスで太りやすい部位は?

アイスを食べると太る理由や原因を見てきましたが、続いては、アイスで太りやすい部位について見ていくことにしましょう。アイスを食べると太るのですが、単に太るというより、ある部位が集中的に太ると言われています。

しかもその太る部位は、食べるアイスの種類によって違うと言われています。以下では、アイスごとの太る部位を見ていきましょう。どのような場所が太るかが分かれば、そのアイスを食べることを控えることができるでしょう。

通常のアイスは腕

普通のアイスの場合は、腕が太ることになります。腕が太るということは、二の腕の部分が太るということです。二の腕が太ることを避けたい人は、アイスを控える必要があります。アイスは太る食品なので、太ることを避けたいなら食べる量を減らす必要があります。

ラクトアイスなら足首

普通のアイスで太る部位は腕、特に二の腕であることを見てきましたが、ラクトアイスの場合は、足首が太るでしょう。足首が太ると、体全体が太って見えてしまうので気を付けましょう。足首が太ると、運動もしづらくなるので、特に注意が必要です。

アイスの太らない食べ方とは?

アイスは非常に太る食べ物であるのですが、太ることを嫌うのなら、太らない食べ方を知っておく必要があります。アイスを食べると太るのですが、食べ方に気を使えば、アイスだから太るとは言えなくなります。食べ方を整理していきましょう。

ラクトアイスを選ばない

まず、最初に覚えておくべきことは、ラクトアイスが非常に太る食品であるということです。ラクトアイスは確実に太るので避けましょう。ラクトアイスが太る理由は、ラクトアイスが動物性脂肪の他に植物性脂肪をふくんでいるからです。

そのため、普通のアイスよりも非常に太る食品となっているのです。ラクトアイスは太ると覚えておきましょう。どうしてもラクトアイスが食べたいのなら、月に一回くらいにするべきです。間違っても毎日食べてはいけません。確実に太る現実に打ちのめされます。

氷菓を中心にする

アイスには4種類あることを見てきました。アイスの中で最も太りやすい種類は、ラクトアイスです。アイスの中で最も太りにくいのは、かき氷に近い氷菓です。ですから、アイスを食べたいけれど太ることを気にしているという人は、氷菓を選択しましょう。

氷菓は、他のアイスより太りにくいです。ほかのアイスより太りにくいからと言って、太らないと言っているわけではありません。氷菓だって食べ過ぎれば太ります。こうした点をしっかり頭に入れておきましょう。アイスなら氷菓にする、と考えても良いかもしれません。

3時のおやつなら太らない?

アイスを食べると太ると言いますが、アイスを食べる時間がとても重要です。すでに見たように、アイスを夜に食べると太りやすくなります。では、アイスを食べても太りにくい時間はあるのでしょうか?実は、アイスは3時のおやつであれば太りにくいのです。

これにはちゃんと理由があります。人間の体温が関係しているのです。人間の体温は、おやつの時間頃が最も高くなっています。体温が高いということは、脂肪を燃焼しやすい体になっているということです。アイスを食べるなら3時のおやつにするとよいでしょう。

ダイエット中のアイスはOK?

さて、続いては、ダイエット中にアイスを食べても良いのかについて見ていきます。ダイエット中に甘いものを取ると罪悪感を感じてしまうという人もいることでしょう。実は、ダイエット中でもアイスを食べても良いのです。ただ、いろいろ気を付ける点があります。

朝に食べると基礎代謝が上がる

ダイエット中にアイスを食べるのなら、朝にしましょう。すでに見たように夜は食べてはいけません。食べるなら、朝をお勧めします。朝が良い理由は、朝に食べると基礎代謝が上がるからです。基礎代謝を上げて一日を過ごせば、太りにくい体にすることができます。

アイスダイエットのやり方

ダイエット中にアイスを食べるなら、朝が良いという話をしましたが、以下ではアイスダイエットのやり方についてまとめてみます。アイスダイエットとは、アイスを食べながら行うダイエットのことです。アイスダイエットは朝食の代わりにアイスを食べるだけです。

いつもちゃんと朝食をとっていた人にとっては辛いダイエットに見えるでしょうが、徐々に慣れていきます。朝食の代わりにアイスを食べることで、ダイエット効果が期待できます。アイスは意外に栄養価が高いからできることなのです。

アイスダイエットの注意点は?

朝食の代わりにアイスを食べるというアイスダイエットですが、注意点もあります。アイスダイエットの注意点は、食べるアイスの量に関するものです。アイスを食べすぎると逆効果です。理想的には、80~120ml程度の量にしておきましょう。

アイスの食べすぎは良くない?

さて、続いては、アイスの食べすぎは良くないのかどうかについてです。アイスの食べすぎは、確実に太る原因になるのでやめましょう。何事もほどほどが良いのです。どんな食べ物でも食べ過ぎると太りますが、特に太りやすいアイスを食べすぎてはいけません。

糖質が多すぎる

アイスを食べすぎてはいけない理由は、アイスに含まれる成分から来ています。アイスには糖質が含まれているのですが、これが多いのです。アイスに含まれる糖質はかなりの量なので、食べ過ぎれば糖分の取りすぎになり、体には良くないのです。

血糖値が上がりやすい

アイスは糖質が多いので、食べ過ぎれば、血糖値が上がりやすくなってしまいます。血糖値とは、血液中に含まれる糖質の量を言います。この血糖値が高いと、インスリンの分泌が間に合わなくなり、体によくない影響を与えてしまいます。

トランス脂肪酸が多い

アイスには糖質が多く、それによって血糖値が上がりやすくなってしまうという危険性があるのですが、他には、トランス脂肪酸が多いことも挙げられます。トランス脂肪酸が多いので、気を付ける必要があります。特にラクトアイスに含まれているので注意です。

栄養の偏り

アイスを食べると血糖値が上がりやすくなるので危険だという話をしましたが、アイスを食べすぎてはいけない理由は、栄養が偏ってしまうからです。栄養が偏ると、確実に体に悪影響が訪れます。口に入れる食材は、なるべく多くの栄養素を含んだものにしましょう。

なるべく太らない食べ方をしてアイスを楽しもう!

アイスを食べると太るのかについて様々な観点から見てきましたが、いかがでしたか?アイスを食べると太りやすいです。食べ過ぎれば確実に太ります。アイスを食べても太りづらい食べ方というものがあるので、どうしても食べたい人は参考にしましょう。

ダイエット中にアイスを食べてよいのかと驚いた人もいたかもしれませんが、アイスダイエットという言葉があるように、不可能ではありません。ただ、アイスダイエットより優れたダイエットも存在するので、参考程度にしておきましょう。

アイスは糖質が多く、脂肪もたくさん含まれているので太りやすくなってしまいます。怖いのは血糖値が上がりやすくなることです。そうした点に気を付けながら、太りにくい食べ方を実践しましょう。また、ラクトアイスは避けるようにしましょう。

ラクトアイスは太りやすいので、アイスをたくさん食べたいなら氷菓を選びましょう。ただ、氷菓が太りにくいからと言って食べすぎはだめです。朝や3時のおやつの時間に食べるようにして、アイスを満喫しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

Missing
この記事のライター
math1

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ