ハリネズミのジレンマの意味!心理学的に恋愛やヤマアラシとの違いを解説!

Contents
  1. ハリネズミのジレンマの意味や心理学的な恋愛やヤマアラシとの違いを解説!
  2. ハリネズミのジレンマの意味とは?
  3. どのような理論?
  4. 元となった寓話がある!
  5. 精神分析として心理学の理論に発展
  6. ハリネズミ(ヤマアラシ)指数とは?
  7. ハリネズミ・ヤマアラシの違いとは?
  8. 元はヤマアラシのジレンマだった
  9. 新世紀エヴァンゲリオンの影響でハリネズミのジレンマが注目を集める
  10. 今現在はどちらも同じ意味で使用
  11. 恋愛におけるハリネズミのジレンマのパターンとは?
  12. ①付き合ってからも素の自分を見せられない
  13. ②振られるのが怖くて告白できない
  14. ③悩みや秘密を打ち明けられない
  15. 恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理4選
  16. ①相手を傷つけたくない
  17. ②自分が傷つきたくない
  18. ③相手を失いたくない
  19. ④関係を悪くしたくない
  20. 恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴4選
  21. ①悲観主義で悪いことばかり考える
  22. ②空気を読みすぎて身動きが取れなくなる
  23. ③臆病で繊細・恋愛中心の生活を送っている
  24. ④見栄っ張りでプライドも高い
  25. ハリネズミのジレンマから抜け出す努力は必要!
  26. 恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法3選
  27. ①悩み事などを素直に相談する
  28. ②ありのままの自分をさらけ出す
  29. ③恋愛は傷つくものだと割り切る
  30. ハリネズミのジレンマから抜け出そう!

ハリネズミのジレンマの意味や心理学的な恋愛やヤマアラシとの違いを解説!

ハリネズミのジレンマという言葉を聞いたことがありますか?ハリネズミのジレンマとはどのような意味で、どのように使用されているのでしょうか?ここでは、ハリネズミのジレンマの意味や心理学的な恋愛、ヤマアラシとの違いなどをご紹介していきましょう。

ハリネズミのジレンマの意味を知ることで、心理学的な恋愛の参考になるとも言われています。ハリネズミのジレンマの意味を理解することで、今現在恋愛に関して悩んでいる方は、抜け出す方法が見つかるでしょう。

恋愛でも、会社でも人間関係で悩む人は多いです。良好な人間関係を築いていくためにはどのような心理学が効果的なのでしょうか?恋愛や仕事での人間関係の心理学を学ぶことができるのがハリネズミのジレンマかもしれません。

ハリネズミのジレンマの意味とは?

ハリネズミのジレンマとは、どのような意味なのでしょうか?また、ハリネズミのジレンマとは、どのような心理学的な理論で、恋愛においてどのような効果があるのでしょうか?

ここでは、ハリネズミのジレンマの意味や、心理学的な恋愛の理論や元となった寓話、ハリネズミ(ヤマアラシ)指数についてもご紹介していきましょう。ハリネズミのジレンマの意味を理解することで、心理学的な恋愛の参考にすることができるようになるでしょう。
 

どのような理論?

ハリネズミのジレンマとは、どのような理論なのでしょうか?ハリネズミのジレンマの理論について、ご紹介していきましょう。

ハリネズミのジレンマとは、哲学者ショーペン・ハウエルの寓話である、人間関係における心の距離をハリネズミに例えた内容をフロイトが考案して、アメリカの心理学者であるベラックが名付けた理論となっています。ハリネズミは長い針を身にまとっています。

それゆえに、寒い冬など仲間のハリネズミに身を寄せようとしてもお互いの針が邪魔をして、身を寄せ合うことができません。お互いに近づきたいと思っても近づくことができない、ハリネズミのジレンマとは、そのような状態を意味しています。

元となった寓話がある!

ハリネズミのジレンマには、元になっている寓話が存在しています。ハリネズミのジレンマの元となった寓話が、ショーペン・ハウエルが執筆している「余禄と補遺(パレルガ・ウント・パラリポメナ)」という随筆集です。

この随筆集の第二巻にあった寓話をフロイトが引用したのです。ショーペン・ハウエルの随筆集では、ヤマアラシが登場しています。ショーペン・ハウエルが執筆した随筆集は「ショーペンハウアー随想録」として、白水社から日本語訳でも発売されています。

こちらの本にヤマアラシのジレンマの原典となっている「余禄と補遺」が収録されています。ハリネズミのジレンマとヤマアラシのジレンマとは同じ意味を示しています。元はヤマアラシのジレンマでしたが、ハリネズミのジレンマとなった理由などもご紹介しましょう。

精神分析として心理学の理論に発展

ハリネズミのジレンマとして、初めに論じ出したのはフロイトです。しかし、精神分析として心理学の見地から理論に発展させて名付けたのは、アメリカの精神分析医であったベラックになります。

元となった寓話の話では、ハリネズミのジレンマとは、お互いに近づきたくても近づくことができないというジレンマに囚われるという否定的な意味で捉えられることが多いです。

しかし、心理学的には、紆余曲折の末、お互いにとってちょうどいい心理的な距離を見つけることができたという肯定的な意味として使用されています。心理学的な肯定的な意味を恋愛に活かすことで、良好な関係を築いていけるでしょう。

ハリネズミ(ヤマアラシ)指数とは?

ハリネズミのジレンマは、心理学の一つでもありますので、指数であらわすことができます。アメリカの精神分析医のベラックが提唱しているのが、「ハリネズミの指数」です。またの名をヤマアラシの指数とも言います。

P.I(ヤマアラシの指数)=刺激の数×強度×持続であらわします。下記の一覧のように3人の友達に1週間にどのように会うかを指数で計算すると導き出される数字は300という同じ数字になりますが、前提条件が異なるので二つは異なった意味を持ちます。

指数 意味
P.I=3×1×100=300 3人の友達に1週間に平均して1回、一人につき100分会った場合
P.I=3×10×10=300 3人の友達に1週間で10回、それぞれ10分会った場合

上記の一覧の二つのパターンを比較すると、1週間に1回ずつ100分会っている方が、1週間で10回それぞれ10分会ったパターンよりも濃密な人間関係を築くことができることを意味しています。これらの指数を恋愛においても活用するといいでしょう。

ハリネズミ・ヤマアラシの違いとは?

ハリネズミのジレンマとヤマアラシジレンマの2つがありますが、その違いは、どのようなものになっているのでしょうか?ハリネズミのジレンマとヤマアラシのジレンマの違いについてご紹介していきましょう。

元はヤマアラシのジレンマだった

結論から言うと、ヤマアラシのジレンマとハリネズミのジレンマという言葉は、同じ意味を持つ言葉になります。名付け親はアメリカの精神分析医であるレオポルド・ベラックですが、ベラックが名付けたのは、「ヤマアラシのジレンマ」です。

ベラックの代表的な著書の一つである「ヤマアラシのジレンマ・人間的過疎をどう生きるか(1970)」というのがあることからも、元はヤマアラシのジレンマだったということがわかるでしょう。

では、いつからハリネズミのジレンマという言葉が登場して、今現在のように定着したのでしょうか?ハリネズミのジレンマという言葉が登場して定着したまでの経緯もご紹介していきましょう。

新世紀エヴァンゲリオンの影響でハリネズミのジレンマが注目を集める

ハリネズミのジレンマという言葉が登場して定着した背景には、大人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の影響があるとされています。

社会現象にもなったアニメの新世紀エヴァンゲリオンの第4話「雨、逃げ出した後」で初めて「ハリネズミのジレンマ」という言葉が登場しました。この話のワンシーンの登場人物たちの会話で「ハリネズミのジレンマ」という言葉が登場しています。

新世紀エヴァンゲリオンは、主人公の少年の心の成長を見事に描いた作品としても高く評価されています。その主人公の性格や心情をあらわす会話で「ハリネズミのジレンマ」という言葉が使用されたことで、日本に定着していきました。

今現在はどちらも同じ意味で使用

ヤマアラシのジレンマに類似したハリネズミのジレンマという言葉もどちらも同じ意味です。アメリカの精神分析医であったレオポルド・ベラックが名付けたヤマアラシのジレンマが先に登場しています。

しかし、アニメ新世紀エヴァンゲリオンによって、ハリネズミのジレンマという言葉が登場して定着した経緯もありますので、今現在では、両方の言葉が同じ意味を示す言葉としてそれぞれ使用されています。

恋愛におけるハリネズミのジレンマのパターンとは?

近づきたくても近づけないというハリネズミのジレンマのパターンは恋愛においてもよく見られるでしょう。ここでは、恋愛におけるハリネズミのジレンマのパターンをご紹介していきましょう。

①付き合ってからも素の自分を見せられない

恋愛におけるハリネズミのジレンマのパターンとしては、付き合ってからも素の自分を見せることができないというのがあります。告白をして、お互いが両想いになって付き合うことになったのに、ハリネズミのジレンマに陥るカップルは意外と多いです。

付き合うことができたら尚更、相手に嫌われたくないという気持ちが先行して、常に完璧でありたいと見栄を張ったり、お互いに緊張して遠慮があったり、付き合い始めたのにも関わらず恋愛を楽しめない人は意外と存在しています。

好きだからこそ近づきたいと思っても、素の自分を見せて嫌われる恐怖の方が強く出てしまう人は、ハリネズミのジレンマに陥りやすいでしょう。

②振られるのが怖くて告白できない

恋愛におけるハリネズミのジレンマのパターンとしては、恋人同士になる前に告白の時点でも起きます。大好きな相手に近づきたいと思っても、告白することで今の関係を壊したくない、振られるのが怖くて告白できないという人はいるでしょう。

恋愛において振られるのが怖くて告白できない状況をハリネズミのジレンマに陥っているパターンと言います。恋愛においては、自分の気持ちを伝えないことには、相手に近づくことはできません。

振られるのを恐れて、告白できない状況のままですと恋愛関係を望むのは難しいでしょう。恋愛においては、多少のリスクはつきものです。それでも相手に近づきたい気持ちがあるのかというのが明暗を分けるでしょう。

③悩みや秘密を打ち明けられない

恋愛におけるハリネズミのジレンマのパターンとしては、悩みや秘密を打ち明けられないというのがあります。恋人同士だからこそ、打ち明けられる悩みや秘密の話というのはあるものです。お互いに悩みや秘密を話すことでより親密な関係を築いていけるようになります。

しかし、恋愛におけるハリネズミのジレンマに陥っているカップルは、お互いに相談したくてもどうやって切り出したらいいのか分からない、この話をして引かれたらどうしよう、嫌われたくないと考えて打ち明けられない人もいます。

好きだからこそ打ち明けることができない状態をハリネズミのジレンマに陥っているパターンということができます。気持ちを打ち明けることでお互いが傷つくことを恐れているのです。

恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理4選

恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理4選としては、どのようなものがあるのでしょうか?恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理4選をご紹介していきましょう。

①相手を傷つけたくない

恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理としては、相手を傷つけたくないというのがあります。人間関係において、言葉は時として、人を傷つけてしまうことがあります。それは、恋愛関係に限らず、仕事でも家庭でも同じです。

悪気のない一言で、思いもよらず相手を傷つけてしまうことはあります。自分がかつてそのような苦い経験をしている人ほど相手を傷つけてしまうのではないかとハリネズミのジレンマに陥ることがあります。

しかし、相手の恋人はもっと本音を聞きたいと感じているかもしれません。そこには、お互いの気持ちのすれ違いが起きています。恋人を大切にしたいと思うのであれば、お互いにしっかりと本音を話すことが重要です。

②自分が傷つきたくない

恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理としては、自分が傷つきたくないというのがあります。恋人のちょっと気になるところがあっても、そこを話して嫌な雰囲気になったらどうしようと不安になることで、ついつい我慢をして言えない人もいます。

ハリネズミのジレンマに陥ると傷つきたくない、嫌われたくないという心理が大きく働きます。それゆえに、自分の気持ちを素直に話すことができずに、お互いにギクシャクした関係になることがあります。

好きだからこそ嫌われたくないというのは、恋愛においてはよくある感情です。しかし、傷つくのを恐れて本音を言えない関係はいずれ崩れてしまう関係を作っていることにもなります。本当に大切なのは何かを考えることが重要です。

③相手を失いたくない

恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理としては、相手を失いたくないというのがあります。相手に近づきたいけれど、近づくことで相手に嫌われて失ってしまうのではないか?と心配するあまりに、恋人同士になっても一定の距離を保ってしまう人がいます。

これは、ハリネズミのジレンマに陥ることでの行動です。確かに、恋人同士と言えども、相手を尊重した適切な距離感というのは必要です。しかし、相手を失うのが怖くて近づけないというのは、それとは全く異なった心理になります。

相手を失うのが怖くて、ハリネズミのジレンマに陥ることで、本当に相手を失うことになることが多いということに早く気付いた方が良いでしょう。

④関係を悪くしたくない

恋愛でハリネズミのジレンマに陥る心理としては、関係を悪くしたくないというのがあります。それゆえに、ちょっと恋人に確認すれば解決できるようなことでも何もできないでいるという人もいます。

これを聞いたら相手を傷つけてしまうのではないか?これをしたら、気分を害してしまうのではないか?と常に不安になるあまり、関係を悪くしたくないとつくろうような行動になるのが、ハリネズミのジレンマに陥っている状態です。

過剰に相手を気遣うあまりに、よそよそしくなったり、他人行儀になったりして、相手も自分のことが好きではないのでは?と誤解を生む恐れもあります。ハリネズミのジレンマに陥ることで、身動きが取れない心理を指しています。

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴4選

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴4選としては、どのようなものがあるのでしょうか?恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴4選をご紹介していきましょう。

①悲観主義で悪いことばかり考える

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴としては、悲観主義で悪いことばかりを考えるというのがあります。常にネガティブに捉える傾向のある人は、ハリネズミのジレンマに陥りやすいでしょう。

これをしたら相手に変に思われてしまうのではないか?これを言ったら嫌われてしまうのではないか?と常に嫌われないように振舞おうとすること自体がハリネズミのジレンマに陥っていることになります。

悲観主義の場合は、何事においても常に悪い方にばかり考える傾向が強いですので、ハリネズミのジレンマに簡単に陥って、抜け出せないことが多いでしょう。ネガティブに捉える傾向が強いと、本当にそうなってしまうこともありますので要注意です。

②空気を読みすぎて身動きが取れなくなる

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴としては、空気を読みすぎて身動きが取れなくなるというのがあります。ハリネズミのジレンマに陥りやすい人は、空気を読みすぎてしまう傾向があります。

しかし、この心理は、自分が嫌われたくないという気持ちがあります。恋愛において、相手の気持ちをよく考えて行動することも重要ですが、自分が何を考えて、何を感じているかということも同じくらい大切です。

それを理解することで、適度な距離感を掴むことができるでしょう。空気を読んで適切に動くことは重要ですが、読みすぎて身動きが取れなくなったり、自分が何を考えているのか分からなくなったりしてしまっては良好な関係は築いていけません。

③臆病で繊細・恋愛中心の生活を送っている

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴としては、臆病で繊細、恋愛中心の生活を送っているというのがあります。臆病で繊細な人は、常に相手を基準に物事を考える傾向があります。それゆえに、自分よりも相手を怒らせないように行動します。

それが逆に相手を怒らせてしまうこともあるということを知ることも重要です。臆病で繊細な人は、どんな時でもかなり慎重です。それゆえに恋愛中心の生活を送ってしまう傾向もあります。

細かなことに良く気が付くのはいいのですが、相手に依存しすぎてしまう恐れもあります。ハリネズミのジレンマに陥ると身動きが取れなくなって自分を見失うことになりますので要注意です。

④見栄っ張りでプライドも高い

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人の特徴としては、見栄っ張りでプライドが高いというのがあります。見栄っ張りでプライドが高い人も、常に自分を良く見せたいという気持ちが先行しますので、ハリネズミのジレンマに陥りやすい傾向があります。

常にかっこいい自分、素敵な自分を装おうとしますので、疲れてしまうでしょう。見栄を張った関係はお互いに窮屈な状況になって居心地もよくありません。見栄っ張りでプライドが高い人は、人間関係を良好に保つことが難しいことが多いです。

人間は誰でも失敗しながら成長する生き物であって、かっこ悪いからかっこいいと開き直れるようになると見栄を張らなくても、その人の魅力がにじみ出てくるようになるでしょう。

ハリネズミのジレンマから抜け出す努力は必要!

ハリネズミのジレンマに陥りやすい人は、ハリネズミのジレンマから抜け出す努力をする必要はあるでしょう。ハリネズミのジレンマに陥りやすい人の心理や特徴をよく理解して、自分がそれに当てはまるのであれば、改善していく努力をしていくといいでしょう。

人間は不完全なものです。しかし、それを隠そうとすればするほど生きずらくなります。ハリネズミのジレンマに陥りやすい人は、相手に嫌われないように気にする傾向があります。結局は自分が嫌われたくないのです。それらのことを理解することから始めましょう。

恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法3選

恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法3選には、どのようなものがあるのでしょうか?恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法3選をご紹介していきましょう。

①悩み事などを素直に相談する

恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法としては、悩み事を素直に相談するというのがあります。かっこ悪い自分、ダメな自分を相手に見せることで、相手はあなたを身近に感じることができます。自分を頼ってくれる相手に好意を抱くようになるでしょう。

②ありのままの自分をさらけ出す

恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法としては、ありのままの自分をさらけ出すというのがあります。

他の人が知らない一面を自分の前だけでは出してくれることは、嬉しいものです。ありのままの自分をさらけ出すことでお互いに良好な関係を築くことができるようになります。

③恋愛は傷つくものだと割り切る

恋愛でハリネズミのジレンマから抜け出す方法としては、恋愛は傷つくものだと割り切るというのがあります。恋愛にリスクはつきものです。

嫌われたくないと思う心理は、結局は自分が傷つきたくないだけなのです。傷つくことを恐れずに自分の気持ちに正直に行動していくといいでしょう。

ハリネズミのジレンマから抜け出そう!

恋愛でハリネズミのジレンマに陥りやすい人は、意外と多いようです。相手の気持ちを考えるのも重要ですが、恋愛においてはお互いの気持ちがもっと重要です。

傷つくことを恐れずに自分の気持ちに正直に行動していくことでハリネズミのジレンマから抜け出すことができるでしょう。

Rating
( No ratings yet )
Loading...