ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

7632628

ターボばあちゃんは実在する?撮影に成功したって本当

都市伝説の一つとして有名な「ターボばあちゃん」ですが、なんとその正体をばっちり撮影したという話があります。といってもターボばあちゃん自体知らない人から見たら、いまいちピンと来ないと思います。

ですので、ここではターボばあちゃんとは一体何なのか?本当に実在しているのか?どこに住んでいるのかなどをご紹介していき、ターボばあちゃんの正体に迫っていきます。

ターボばあちゃんとは?

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんとは、夜に車で道路を走行していると当然運転席の窓を叩かれ何事かと思い外を見ると、ものすごいスピードで並走しながらこちらを見ているババアに遭遇するという都市伝説のことです。

車と同速度で走るババアとか想像したらものすごくシュールな絵になりますが、この都市伝説には怖い部分もあります。まずはターボばあちゃんの特徴について話していこうと思います。

車のバックミラーに映りこむ

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんに関する話は諸説ありますが、共通する点は車を走らせている最中に遭遇すると言い伝えられていることです。車の走行中、バックミラーに映りこんでいるターボばあちゃんを見て驚愕するというのが一般的な話です。

振り払おうとスピードを速めても平気で追いついてくるので、バックミラーからその姿が消えることはありません。そのうちターボばあちゃんに追い抜かれたり、眼が合ったりすると不幸が訪れると言われています。

走るスピードは時速150km

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんのスピードは、一番速いと時速150kmまで及んでいるらしく、高速道路を走る車ですら軽々と追い越してしまうと言われています。高速道路では時速100kmほどで走る車と比べれば、かなり現実離れした足腰をしていることがわかります。

つまり一度遭遇したら引き離すことは不可能であり、どこまでもついてきます。中には四つん這いになりながら迫ってくるなんて話もあります。

「高速ばばあ」とも

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんはその驚異のスピードから「高速ババア」とも呼ばれています。高速道路でも軽々と車を追い抜いていく姿からそう呼ばれるようになりました。

他にもターボばあちゃんの速さが増していくにつれて「ジェットババア」「100キロババア」「快速ばーちゃん」など色んな呼び名が命名され、その度にターボばあちゃんのお話に尾鰭がつくようになりました。

ちなみに「高速ばぁば」というターボばあちゃんを元にしたホラー映画があるようなので、気になる人は見てみるといいでしょう。

ターボばあちゃんが住んでいる場所は?

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんのお話は都市伝説として各地に広く伝わっていますが、その主な出現場所はどこなのでしょうか?実際に実在しているのでしょうか?ターボばあちゃんが住んでいるであろう場所や特に出現しやすい場所などをご紹介していきます。

兵庫県の六甲山

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

実際に実在しているかどうかは定かではないですが、ターボばあちゃんは主に兵庫県の六甲山で出現することが多いと言われています。

六甲山または六甲山付近の道路でよく目撃されているそうです。六甲山は心霊スポットとしても有名で、昔から心霊現象の類が目撃されていると聞きます。

特に夜になると街中にも現れて走行中の車を追い掛け回し、追い抜いてはテレポーテーションしたかのように消えてしまうらしいです。

トンネルによく出現

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

トンネルは怪談話でも定番といっていいほど話に出てきますが、ターボばあちゃんも例外ではありません。ターボばあちゃんが最も出現しやすいのがトンネルの中と言われています。六甲山でも「六甲山トンネル」というトンネルがあり、夜は特に遭遇しやすいと言われています。

ターボばあちゃんの正体とは?

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

そんな尋常じゃないスピードで追い掛け回してくるターボばあちゃんとは一体何者なのでしょうか?何が目的で走行中の車をつけまわして脅かすような真似をしているのでしょうか?ターボばあちゃんの目的とその正体について語っていきましょう。

妖怪説

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

時速150kmで走るババアなんて人間では普通ありえませんし実在しません。人間ではありえないような速度で走る時点でその正体は妖怪であると言われています。一説では走行中のドライバーの前に現れては驚かせて回っているいたずら好きの妖怪と言われています。

人は襲わない

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんは車の走行中に現れて追いかけ回しながらドライバーを驚かせると言われていますが、実はそれ以外は無害とされていて、人に直接危害を加えるような妖怪ではないそうです。

むしろ一説では、事故を未然に防ぐよう車のスピード出しすぎを注意するために現れたり、雨の山道で事故が起こらないようゆっくり前を歩いて安全運転させたりなど、平和的で優しい妖怪であるとされているようです。

ターボばあちゃんの怖い都市伝説

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんの怖いところは、その存在に気を取られ事故を誘発してしまうというところです。ですがそれ以外は基本的無害な妖怪だと言われています。

しかし、ターボばあちゃんは都市伝説として語られている妖怪です。当然尾鰭がついて怖い話として言い伝えられているところもあります。それが実在しているかはともかく、その怖い部分も知っておくといいでしょう。

追い抜かれると死ぬ

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんは危害を加えることのない良心的な妖怪と言われていますが、実はターボばあちゃんを目の当たりにした人が死に至っているという話も出てきます。ターボばあちゃんの話を知っている人の多くは、車を追い越されたら死んでしまうという噂を良く聞きます。

その真相はターボばあちゃんに追い越された驚きで運転事故を引き起こしてしまうというものです。あまりにも速いスピードで走る老婆に目を奪われ、前方不注意で事故を誘発してしまうというわけです。

目が合うと首が動かない

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

他にもターボばあちゃんと目が合ったら首が動かなくなってしまうという言い伝えもあります。窓越しに見つめてくる老婆から目が離せなくなり、前を見れなくなってしまい事故死してしまうというものです。

このように平和的な妖怪でも、遭遇したら不幸が訪れるような言い伝えがあるのです。また、ターボばあちゃんの良心的な注意などを無視した際も、不幸な事故が起こるという話もあります。

ターボばあちゃんの撮影に成功した!?

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

そんな正体不明だったターボばあちゃんの撮影に成功したという噂が流れています。ターボばあちゃんは本当に実在したのか、その正体は一体何なのか、本当に撮影に成功したのか。それらの疑問を解決するために、その真実について語っていきましょう。

定点カメラでの撮影

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

それは関西のお笑い芸人である「代走みつくに」さんが地元のテレビ番組のロケ中に撮影している時でした。六甲山付近を走行中に車内でカメラを回していたとき、ものすごいスピードで車の横を通り過ぎる人影が写りこみました。

そしてその直後、外から「バン!」と車のドアを叩く衝撃が走りました。慌てて車を降りて確認してみると、側面にどろソースの手形らしきものがくっきり残っていました。これを見たみつくにさんは「ターボばあちゃんや…」と呟きました。

一同は急遽企画を変更し、ターボばあちゃんの目撃情報のある森に定点カメラを仕掛けることに。そして待つこと数時間、とうとうその老婆の正体を捉えることに成功します。

そこに映っていたのは、人間離れした速さで動き回るババアでした。そしてこれを見たスタッフ一同は後に、「速いのはWi-Fiだけでいい」と語ったそうです。

ネタ動画だった?

もうお気づきの方も多いでしょうが、これらは全部ネタ動画でした。株式会社リンクライフが誇る最速の小型Wi-Fiルーター「Broad WiMAX」を宣伝する動画であり、Wi-Fiがどれだけ速いかをPRするために作ったネタ動画だったのです。

兵庫県民をターゲットにしていたため、地元の都市伝説であるターボばあちゃんを使って、その超スピードをWi-Fiになぞらえて伝えたかったらしいです。

ターボばあちゃんが登場する作品

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

老婆が車を追い掛け回す、あるいは老婆に限らず妖怪の類が後ろからついて回るといった形の都市伝説は多く存在しますが、ターボばあちゃんに似た妖怪が出る作品は滅多にないので、ここからはターボばあちゃんを題材にした作品を紹介していきます。

「地獄先生ぬ~べ~」ジェットババア

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

昔の漫画ですが「地獄先生ぬ~べ~」という作品に「ジェットババア」という妖怪が登場します。ターボばあちゃんと同様、時速100キロ以上のスピードで車の後をつけて来て、運転手の首を硬直させて事故を引き起こします。

また良心的なターボばあちゃんと違い、運転手が車を停めてしまうと直接殺害してしまうという危険な妖怪でもあります。

「ゆうれい談」

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

山岸涼子さんの「ゆうれい談」にターボばあちゃんに似た妖怪が登場します。こちらの妖怪は老婆ではなく少年が後ろからついてきて奇怪な現象を引き起こすというもの。国分寺で起きた実話として描かれていて、ターボばあちゃんの派生形の妖怪のようです。

【番外編】兵庫県の六甲山に出没する妖怪

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんの住処とも言われている六甲山には、他にも奇怪な妖怪たちが実在すると言われています。六甲山は心霊スポットとしても有名ですから、足を運ぶ方がいるなら遭遇することもあるやも知れません。というわけでここで六甲山に出没する妖怪を少しだけ紹介したいと思います。

牛女

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

六甲山において、一番有名なのは「牛女」という妖怪です。牛女は兵庫県の六甲山のほか、西宮で目撃されることが多くあります。その名の通り牛の頭をした着物姿の女性であり、突然現れて脅かしたり、ターボばあちゃんのように車を猛スピードで追いかけてくるなどの伝承があります。

その正体は、太平洋戦争の時代に裕福な家庭で生まれた人間の少女。娘が生まれながらに牛の顔をしていたため、身内によって長い間座敷牢に閉じ込められていました。

しかし神戸大空襲で彼女が暮らしていた屋敷が炎上し、逃走して生き延びたか、或いは炎で焼け死んだ後、妖怪として生まれ変わったとも言われています。

首なしライダー

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

首なしライダーとは、道路を横断するように張ってあったピアノ線に首をはねられ事故死したライダーがそれでもなお走り続け、失った首を見つけるために夜な夜な道路を彷徨っている亡霊です。首を失った原因は道路標識やトラックからの落下物とされていることもあります。

自分を殺した犯人を見つけるためという理由もあって、死亡時刻や命日などによく出没するようですが、六甲山に昔から伝わっている首無しライダーは、今も誰かと走りたいがため人前に混じって走っているとのことです。

ちなみにライダーとは「騎手」という意味から来ており、バイクではなく馬や動物に乗る騎手のことも指します。首無しライダーはアイルランドに伝わる妖精「デュラハン」やニューヨーク近郊に伝わる「スリーピー・ホロウ」など、形を変えた数々の伝承が実在しています。

【番外編】ターボばあちゃんから派生した都市伝説

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

ターボばあちゃんの噂は色んな派生を経てたくさんの都市伝説が伝えられています。基の噂より怖い噂であったり、逆に愉快な噂であったりします。ここからはターボばあちゃんから派生した都市伝説を少しだけ紹介したいと思います。

バスケばあちゃん

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

バスケばあちゃんとはその名の通りバスケットボールをドリブルしながら追いかけてくるババアのことで、無視してもボールは投げつけてくるし、うっかりボールをキャッチしても転倒は免れず結局事故に遭ってしまうとされています。

もちろんターボばあちゃん同様足の速さも半端なく速く、やることもバイクの走行中にボールを投げつけて転倒させてくる迷惑行為だけなので、ターボばあちゃんより性質が悪いババアです。

ホッピングばあちゃん

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

山道を車で走行中に、突然ホッピングに乗っているババアが目の前に落下してきて、大ジャンプで車を飛び越し、そのまま何事もなかったかのように去っていくというものです。

直接何かをしてくるというわけではないですが、いきなりホッピングに乗って愉快に跳び回っているババアが視界を塞いで来たら、驚くのも無理ありません。ハンドル操作を誤って事故死に繋げる危険な妖怪です。

棺桶ババア

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

棺桶を担いだ老婆が運転中のドライバーを突然横から掴み出し、棺桶に入れてそのまま火葬場まで運んで行ってしまうというもの。最早ただの拉致ですが、ここまで強引な話はわりと珍しいです。

ちなみにこの話の正体は、「道路で浮遊する棺桶」という、深夜や霧かかった道路の横に設置してある電話ボックスが、明かりや霧によってスクリーンのように映し出されることで見えるただの目の錯覚から来たお話に尾鰭がついたものらしいです。

ターボばあちゃんの真相は?

ターボばあちゃんは実在するの?兵庫県でババアの撮影に成功?【都市伝説】

いかかでしかか?結局「ターボばあちゃんの撮影成功」というのはデマでしたが、今回のがただのネタだったというだけで、その存在が否定されたわけではありません。

もし、その正体を知りたいという方がいるなら是非一度六甲山に足を運んではいかかでしょう?もしかしたら本当に実在しているかもしれないし、今頃も車の後を追い掛け回しているかもしれません。信じるか信じないかはあなた次第です。

Rating
( No ratings yet )
Loading...