LINEの返信が遅い理由とは?返事が遅い時の対処法とは?

彼氏や友達のLINEの返信が遅い理由とは?

彼氏や友達のラインの返信が遅いと、不安に感じたり、時にはイライラしたり、気持ちが落ち着かなくなってしまう人は決して少なくありません。そんな時、どのように対処をしていけばいいのか、またはどんな気持ちでいればいいのかわからないと悩む人も多いでしょう。

今回はそんな人のために、彼氏や友達のラインが遅い理由に注目。理由を知れば気持ち的にも落ち着けますし、何より対処法へのヒントも見えてきます。

身近にラインの返信が遅い人がいて悩んでいるという人、ラインの返信が早くこないと不安になってしまう人は、是非これから紹介していく理由や対処法を参考にして、上手くラインを使っていきましょう。

LINE返信が遅い時のパターン

ラインの返信が遅い理由に注目をしていく前に、だいたいどんな時に返信が遅くなってしまうのか、考えられるパターンを3つ見ていきましょう。

理由を知る前に、そもそもの遅いパターンを知っておけば不安な気持ちも少なからず落ち着いていくはずです。どんなタイミングで返事が遅れてしまうのか、早速チェックしていきましょう。

パターン①未読

ラインには既読機能がついています。ラインの返信が遅いパターンには既読マークがつかない、未読状態というものがあり、未読ということはそもそもラインに【気づいていない】パターンが考えられます。

なぜ未読になるのか、という点については詳しくこのあと理由のほうでも紹介をしていきますが、何らかの事情によりスマホをチェック出来ないと、必然的にラインに送られてくるメッセージを見ることも出来ません。

中にはあえて未読にしているというパターンもありますが、多くの場合は気づいていないだけというパターンが考えられます。

パターン②既読無視

ラインの返信が遅いこと、そしてさらに不安な気持ちに拍車をかけていくのが既読無視です。既読無視はメッセージに目を通しているにもかかわらず返事をしていないため、多くの人が無視されているかも、と感じてしまうパターンだと言えます。

特にラインの返信が遅いことに対して不満や不安を感じる人は、この既読無視の状態に悩んでいる人が多いでしょう。目を通しているはずなのに返信をしてくれない、その事実がある限り不安な気持ちやイライラした気持ちが芽生えるのも当然です。

パターン③スマホの電源オフ

ラインの返信が遅い、既読になっているのに返事がこない…そんなパターンの背景に考えられるのがスマホの電源がオフになっているというものです。スマホの電源がオフになっていれば、ラインの返信は出来ませんし、返事が遅れてしまうのも仕方がありません。

スマホは基本的に電源をオンにしているものですが、例えば電源をオフにしなければならない状態、環境にいるケースや、バッテリー切れにより強制的に電源がオフになってしまったというケースも考えられます。

どちらにしてもスマホの電源がオフになっている以上、返事をしたくても出来ない状態であることには変わりありません。既読無視の原因もスマホの電源がオフになっている可能性もあると言えます。

LINE返信が遅い時の理由とは?

次に、ラインの返信が遅い時の理由を4つ見ていきましょう。理由を知っていれば、相手がどんな状態なのかある程度予想が出来ます。理由を知れば余計な不安や不満を感じずにいられますし、相手と気持ちよくラインが出来るはずです。ラインの返信が遅い代表的な理由を知って、気持ちに余裕を持っていきましょう。

理由①スマホでゲームなどをしている

彼氏や友達、またはゲームが好きな友達にありがちなのが、スマホでゲームなどをしているというものです。ゲームではなくても、YouTubeで動画を見ているという時にも当てはまる理由だと言えるでしょう。

特にゲームの場合、途中で中断が出来ない、またはしたくない状態であることがほとんどです。ラインの返信は後で出来るけれど、ゲームは今なんとかしなくてはいけない状態だと考えると、ゲームを優先してしまうのも無理はありません。

もし、彼氏や友達がゲーム好き、またはスマホでよく動画などを見ているという場合でラインの返信が遅いならば、何かに集中していてチェック出来ないと考えるのが妥当でしょう。

理由②仕事や交友中

ラインの返信が遅い理由でダントツに多いと言えるのが、仕事や交友中です。例えば、ラインの返信が遅い時間帯に注目をしてみてください。もし、平日の昼間や彼氏や友達が誰かと遊ぶ予定だった当日にラインの返信が遅い場合ならば、仕事や交友中が理由で返信をしていない可能性が高くなります。

特に仕事の間はスマホをチェック出来ない、チェック出来ても返信出来ないということは少なくありません。交友中にスマホを触るのは失礼という考えの人もいるため、その場合にはラインの返信はどうしても遅くなってしまうのです。

理由③就寝中

ラインの返信が遅いと思った時、もしその時間帯が夜、または深夜ならば、相手はすでに就寝中である可能性も考えてみましょう。

就寝中ならばスマホをチェック出来ないどころか、ラインが来たことにすら気づいていないことも考えられます。夜の間は着信音をオフにしているという人も少なくありませんし、夜の遅い時間でラインの返信が遅い場合には、この可能性を疑ってみましょう。

また、夜寝る時間というのは人それぞれ異なります。もし、彼氏や友達が朝早い仕事をしているのであれば、かなり早い時間に床に入ることも予想出来ます。そういった観点から、就寝中の可能性を探ってみるのもいいでしょう。

理由④考えて返信したい

ラインの返信が遅い理由には、考えて返信したいという理由も挙げられます。例えば、何か予定を決めるようなやり取りをしていた場合、すぐにスケジュールを確認できないということもあります。相談事をラインでした場合も、考えた上で真面目に返信したいと思っている場合、既読無視をしてしまう可能性もあります。

ラインの返信が遅いと思った時は、相手としているラインの内容に注目をしてみてください。返信に時間が必要な場合、すぐには返信出来ないかもしれない内容、それらを考えると返事が遅れてしまうことに対しても穏やかな気持ちで受け入れられるでしょう。

彼氏や友達のLINE返信が遅い心理

ラインの返信が遅い理由について見てきましたが、さらに掘り下げて彼氏や友達のラインの返信が遅い場合、どんな心理を持っているのかについても注目していきましょう。

パターンや理由を見るだけでも相手の事情は見えてくるものですが、さらに理解を深めるためには、ラインをしている相手である彼氏や友達の心理に注目してみる必要があります。

また、ラインの返信が遅いと相手は何を考えているのかわからない…と悩む人もいるでしょう。そんな人の気持ちも落ち着かせる内容になっているので、参考までに彼氏や友達の心理について見ていきましょう。

心理①LINE(文章)が苦手

そもそもラインが苦手である、文章を考えるのが得意ではない、そんな人はラインの返信が常に遅い状態になりがちです。特に男性の場合、ラインは必要最低限の連絡ツールとしか思っていない人も少なくありません。

もし、ラインの返信が遅い、返事がなかなか来ないという彼氏や友達を持っているならば、その彼氏や友達がそもそもラインを苦手と思っているのかについて考えてみるのがおすすめです。

苦手ならば積極的に返信は出来ませんし、出来ればやり取りしたくないと考えている可能性もゼロではありません。特に、普段友好的なのにラインの返信だけは遅いという人の場合には、ラインが苦手な可能性を疑ってみると良いでしょう。

心理②返事をするなら丁寧にしたい

ラインの返信が遅い理由でも触れましたが、内容によっては返事をするならば丁寧にしたいからこそ、返事が遅れてしまっている可能性もあります。

この心理としては、ラインの内容について真面目に考えている、あなたと真摯に向き合いたいという気持ちの現れだと言えます。

もし、ラインをしている時の内容が真剣なものや相談事だった場合には、丁寧に返信をしたいからこそ返事を遅らせている可能性を疑ってみてください。

心理③あなたのことがどうでもいい

ラインの返信が遅い、または全く返事が来ない理由として考えられるのが、どうでもいいと思われているというものです。特に付き合っている彼氏ではなく、多少仲が良いだけの友達の場合だと、他に優先事項がある場合にはどうでもいいという心理が働きがちになります。

また、あなた自身のことについてはどうでもいいとは思っていないものの、ラインの内容にどうでもよさを感じているというケースも考えられます。この場合、どうでもいい心理が働くと返信する速度は遅くなってしまうのです。

相手との関係性によって生まれる心理なので、ラインの返信が遅いと感じたら、相手との関係性や友好度を振り返ってみると良いでしょう。

心理④返事が必要な内容だと思っていない

ラインの返信が遅い理由には、返事が必要な内容だと思われていないというものがあります。特にこの心理は、他愛もないやり取りなどで生じる心理でもあり、返信の必要性を感じないと、ラインを見て満足してアプリを閉じてしまうのです。

また、よく彼氏との間であるすれ違いなのがこの心理です。彼女としてはラインで返信をしてほしいと考えていることに対し、彼氏の場合は後で直接話せばいいと思っているというものであり、二人の間ですれ違いが生まれてしまうのです。

特に男性の場合、急を要する内容じゃないとラインを見て満足し、返事は直接会って話せばいいと考えている人は少なくありません。ラインの返信が遅い当日や近い日に会う予定があるのであれば、その日に後回しにされている可能性が高いと言えるでしょう。

心理⑤何か気まずい気持ちがある

人は何か相手と気まずさを感じている場合、言葉は少なくなってしまうものです。ラインに関しても同じことが言えて、彼氏や友達と何か気まずい雰囲気が漂っている場合には、相手も同じように感じ、返信を渋っている可能性が考えられます。

もし、ラインの返信が遅いと感じたならば、相手である彼氏や友達との今の状態について振り返ってみると良いでしょう。喧嘩中、もしくはやや気まずい雰囲気が漂っている場合には、返信しづらい心理を抱いている可能性があるかもしれません。

異性からのLINE返信が遅いのは脈ありじゃない証拠?

ラインの返信が遅いと不安になる大きな理由としては、脈なしなのかもしれないと考えてしまうというものでしょう。

特に気がある異性の友達の場合、ラインをしていて返事がなかなか来ないと酷く不安になるものです。実際ラインの返信が遅い=脈なしなのか、その心理についても見ていきましょう。

既読が遅いのは重要視されてない?

ラインをしている時間帯や相手の都合を考慮した上でも、既読が遅いと感じる場合には、あなたとのラインに重要性を感じていない可能性が考えられます。残念ながら脈なしの状態である可能性が高く、まだまだ親しくなるには程遠い関係だと言えます。

ただ、その異性の友達の性格によって、ラインのやり取りが苦手という可能性も捨ててはいけません。あまり人と話していない、口下手、ラインなどが苦手そうである…そんな場合には、あなたと、というよりもライン自体に重要性を感じていない可能性が高いと言えます。

また、恋愛経験が少ない異性の友達だった場合、ラインは好きだけど異性とのやり取りに慣れておらず、返信が遅くなっている可能性も否めません。相手のことをよく知り、予想を立てていくことが重要なポイントになっています。

夜間など返信時間を気にしている場合も

例えば、夜に差し掛かった時間帯でラインの返信が遅いと感じる場合、むしろあなたを気遣ってラインの返信を後回しにしている可能性もあります。

特に夜10時以降は早い人で床に入るものですし、睡眠の邪魔をしてはいけない…という気遣いから返信をしていない可能性が考えられるのです。また、ラインに気づいた時間が夜だった場合は翌日のほうが良い、と考える人も少なくありません。

もし、夜にラインの返信がこなかったとしても、翌朝や昼間にラインの返事がある場合には一概に脈なしとは断言出来ません。この場合、お互いに都合良いペースを見極め、テンポよくやり取りが出来ているならば脈ありの可能性もあると言えるでしょう。

LINEのやりとりがだんだん遅くなったら?

最初はラインの返信のテンポは良かったのに、後からだんだん遅くなってしまった…そんな場合も、脈なしなのかなと不安になってしまうものでしょう。

ラインの内容にもよりますが、弾まない内容でラインをしていればテンポが失速するのも無理はありません。相手が興味ある話題を振ってみて、ラインの返信速度に変化があるのか確かめていく必要があります。

また、人は心許した人にはややだらしなくなってしまうものです。慣れている、良い意味で気を使わなくていい、そういった信頼関係が築けている場合もラインの返信が遅くなるケースが考えられます。

LINEの返信が遅い時の効果的な対処法

ラインの返信が遅いパターンや理由、心理に注目をしてきましたが、それでも気持ちが不安になってしまうという人はいるでしょう。

頭でわかっていても心では理解出来ない、それが人間というものでもあります。

では、そんなラインの返信が遅い時にどんな対処をすればいいのか、対処法をいくつかチェックしてみましょう。

対処法①「大丈夫?何かあった?」と聞く

例えば、普段ラインの返信速度が早いのにいつも以上に遅れている、何か様子がおかしいと感じた場合には「大丈夫?何かあった?」とラインを送ってみるのがおすすめです。

もし、ラインの返信を後回しにしなくてはいけない、手が離せない場合、隙を見て忙しくて出来ない旨を伝えてくれる可能性もゼロではありません。また、この対処法ならば心配しているという好意を相手に伝えられるというのも魅力的です。

ただ、この対処法を使う上で注意をしたいのがシンプルにラインを送って、後は様子を見るということです。あまり長文を送ってしまうと、急かしているように思われる可能性があります。

対処法②様子を見てみる

ラインの返信がなかなか来ない、遅い場合には、様子を見てみましょう、人には様々な事情があり、考えがあります。今はラインの返信が出来ない状況なのかもしれないと考え、そっとラインを閉じて様子を見てみましょう。

ラインの返信が遅いと気になってしまうものですが、気になりすぎるとマイナス思考に陥り、空回りしてしまうこともあります。そういった空回りが相手との信頼関係にヒビを入れてしまう恐れも決してゼロではありません。

時間帯や相手の状況、性格を考えた上で、相手にも事情があると意識し、のんびりとラインの返信を待ってみましょう。

対処法③別の話題を振ってみる

人によっては、自分に興味がない話題や答えづらい話題の場合、ラインの返信を止めてしまう人もいます。これは信頼関係によるものでもありますが、いくら親しい間だったとしても話題に魅力がなければラインの返事をしない人もいるのです。

もし、ある程度様子を見て、それでも返信がないのであれば、別の話題を振って反応を窺ってみると良いでしょう。特に相手が興味ある話題を振るのが効果的で、返信があれば、またテンポよくやり取り出来るようになるかもしれません。

対処法④早めに返信してほしいとお願いをする

ラインの内容にもよりますが、もし急ぎの場合なのにラインの返信が遅い場合は、出来るだけ急ぎで返信をしてほしいと伝えてみると良いでしょう。物事の重要性や優先順位は人と異なるため、自分の重要性を伝えることで、理解してもらえることがあります。

また、彼氏や親しい友人の場合、返信が遅いと不安になってしまうことを打ち明けてみるのもおすすめです。もしかしたら相手は、あなたが返信を遅くても困らないと思い込んでいる可能性があるのです。

自分の考えやラインに対する気持ちを吐露することにより、相手もラインのテンポを掴みやすくなります。ラインに対しての考え方は千差万別なため、素直に打ち明けることが必要な場面もあると覚えておくと良いでしょう。

対処法⑤他のことをして気を紛らわす

ラインの返信が遅い場合、他のことをして気を紛らわしてみるのも良いでしょう。相手の事情や考え方によっては、ラインのことを考えれば考えるだけ空回りをしてしまい、心も体も疲れてしまうこともあります。

特に相手が彼氏や気になっている友人の場合だと、今か今かと返信を待ち望んでしまうのもわかります。人は気になれば気になるほど、たとえ1分でも時間を長く感じてしまい、返信が来ないと遅いと不安になるものです。

しかし、それはあくまで自分の都合でしかありません。急かしたところで関係にヒビが入る可能性、空回りをして印象を悪くしてしまう恐れがある以上、他のことをして少しでも気を紛らわす術も考えておくようにしましょう。

LINEの返信が遅いと不安になる人は?

ラインが遅い理由などを見てみても、性格上、ラインの返信が遅いことにどうしても不安を抱いてしまう人もいます。

そんな不安になる人は、さらなる対処法、または考え方に注目をすることで、その不安性を解消出来るかもしれません。この項目では、そんな不安症な人に向けて、対処法や考え方について紹介をしていきます。

スマホばかり見ないで他の事をしよう

ラインの返信が遅いと、スマホばかり見てしまうものです。しかし、不安症な人にとって、スマホ=ラインという印象が強くなっているため、スマホを見れば返信が来ていない現実に、胃をキリキリさせてしまうものでしょう。

そんな人は、スマホから離れてみるのがおすすめです。スマホを見ればラインしか目に映らない以上、不安な気持ちを煽らないためにはスマホ以外に目を向けて気を紛らわすのが得策です。

もし、不安な気持ちを常に持ってしまうという人は、そういった時のために、スマホを使わない趣味をいくつか持っておくと、不安な気持ちをやり過ごすのが上手くなっていくでしょう。

LINE依存ではないか考えてみよう

ラインの返信が遅いと不安になる人は、ライン依存症の可能性を考えてみると良いでしょう。人は何かに強く依存をしてしまうと、それに関すること全てに感情を左右されてしまうことになるのです。

ライン依存症の場合、喜怒哀楽の感情がラインに支配されてしまっているため、ただ数分返事が来なかっただけでも強い不安感に襲われてしまいます。

依存症を克服するのは簡単なことではありませんが、依存症を疑うことによって、少しずつラインから別のものに興味を持つようにし、依存を克服させていく意識が必要となります。

LINEの返信が遅い人に対するNG行動

最後に、ラインの返信が遅い人に対するNG行動について見ていきましょう。ラインの返信が遅いのは、様々な理由や心理が考えられます。そのため、間違ったアクションを取ってしまうと、彼氏や友達との関係にヒビが入ってしまうこともあるのです。

そうならないためにも、ラインの返信が遅い人に対するNG行動をチェックし、日頃から気をつけておくようにしましょう。

返信が来ないのに送り続ける

最もやっていけないことだと断言出来るのが、返信が来ないのにラインを何度も送り続けるというものです。特に他愛もない話題に対し、催促するようなラインを送ってしまうと、たとえ相手に返信する意思があったとしても、それが萎えてしまう恐れがあります。

また、催促ラインではなくても、短い間隔で様々なラインを送り続けてしまうのもNGです。単純にそういったラインは気持ち悪いと思われてしまい、敬遠される要因となってしまうケースも考えられます。

ラインの返信が遅いと催促や別の話題を複数振りたくなりますが、一呼吸置いて、相手のテンポを見極めていくことを忘れないようにしましょう。

相手の都合も考えずに怒る

ラインの返信が遅いと、イライラしてしまうという人もいるでしょう。そんなイライラを直接相手にぶつけてしまうのは絶対にNG。たとえ相手が悪いと思っていても、その気持ちが薄れるどころか、もうラインをしたくないと思われてしまう可能性が出てきます。

特に注意をしたいのが、彼氏彼女関係。気を使わなくていいと普段から考えていると、つい感情的になって不満を相手にぶつけてしまうことがあります。

しかし、相手に都合がある以上、どうしようも出来ないこともあり、そんな都合を考えずに自分の気持ちだけを無理やり押し付けるのは、相手から愛想尽かされる原因になりかねません。相手の都合を考え、必要であれば冷静に話し合うようにしましょう。

相手のペースを考えてLINEをしよう

ラインの返信が遅い理由や心理、状況などは様々であり、自分がしているラインの相手がどのような状態なのかを見極めていく必要があります。

ラインが遅いとつい相手を非難しがちになりますが、そういった状況を知っていれば、相手への理解が深まり、同時に相手もラインしやすい相手、居心地のいい相手と思われ、良好な関係を結べるようにもなっていきます。

ラインは二人でしていくものなので、決して自分本位や自分の感情だけに飲み込まれることなく、相手のペースや都合を考えた上で楽しくラインをしていきましょう。必要であれば対処法を参考にして、気持ちを紛らわしてみると良いでしょう。

Rating
( No ratings yet )
Loading...