コストコの保冷バッグが便利!クーラーバッグの値段やサイズなど解説!

コストコの保冷バッグについて解説!

コストコで欠かせないのが、コストコで販売している保冷バッグです。もちろん、保冷バッグを使用せず、持参したエコバッグや、コストコに置かれている段ボールを利用して購入品を持ち帰ることもできますが、保冷もでき、大容量のためぜひ使ってほしい商品です。

今回はそんなコストコの保冷バッグについて、人気の秘密や購入方法をはじめ、気になる値段やバッグのリメイク術・クーラーバッグとして使用する以外の使用方法などもご紹介してきます。気になったらぜひ、購入をご検討ください。
 

Homepage | Costco Japan

コストコの保冷バッグが人気!その理由は?

コストコの保冷バッグは、コストコの店内にいるほとんどの人が所有しているといっていいほど、人気となっていますが、なぜそこまで人気があるのでしょうか。こちらでは、コストコの保冷バッグの人気の理由について、ご紹介していきます。

たっぷり入る大容量

コストコで販売されている商品はとにかく大容量で、サイズが大きいものが多いです。そんなコストコの商品がたっぷりと入るコストコの保冷バッグはその大容量さが魅力です。

同じような大容量のクーラーバッグを購入しようとすると、だいたい3,000円から高くて1万円台となるため、値段の点でも相当お買得であることがわかります。

また、コストコではレジの際、カートと一緒に保冷バッグを渡すことで、ある程度の購入品を保冷バッグに詰めてくれます。そのため、保冷バッグがあれば、会計後に慌てることなく、スムーズにカートから荷物を運び出すことが可能です。

使い勝手や性能が良い

コストコの保冷バッグの魅力はなんといっても、その使い勝手や性能の良さでしょう。超断熱加工が施されており、長時間の保冷が可能なため、冷蔵・冷凍食品を購入しても安心です。

特に、コストコは郊外にあることが多く、コストコまで車で1時間ほどかけて来店するという人も珍しくはありません。そのため、安全に冷蔵・冷凍食品を持ち帰ることができるというのは大変ありがたいです。

また、2018年4月のリニューアルにより、これまでになかった「ショルダーベルト」や、保冷バッグの内側に「ボトル用ポケット」がつきました。ボトル用ポケットはワインがすっぽりと入るサイズでワインをよく購入する人にはうれしい機能です。

マチが広く安定感がある

コストコの保冷バッグはマチが広く、安定感があります。そのため、せっかく綺麗に詰めた商品が車の振動で崩れているといったことはほとんどありません。そのため、大きなトレイに入った食品なども安心して購入することができます。

一般的に販売されている安価のエコバッグやクーラーバッグはマチのないトートバッグ型が多く、購入品が崩れてしまうことが多いです。それらと比べると、コストコの保冷バッグのマチの広さはかなり使い勝手がよいといえるでしょう。

また、マチが広いことで、かさばる飲み物などもたくさん入れることができます。例えば、2リットルの飲み物でしたら10本入れることができ、大人数で集まる際などには持ち運びに大変役立ちます。

コストコの保冷バッグの値段や種類・サイズ

コストコの保冷バッグは、一般的なクーラーバッグより安いとされていますが、どれぐらいの値段で販売されているのでしょうか。また、その種類やサイズについても調べてみました。

保冷バッグは大小2個セット

  コストコ保冷バッグ(Mサイズ) コストコ保冷バッグ(Lサイズ)
値段 MサイズLサイズ1個ずつの2個セットで1,850円(税抜)
サイズ 縦25cm、横42cm、高さ40cm 縦25cm、横55cm、高さ40cm
容量 約42リットル 約55リットル
カラー ネイビー×レッド

2018年4月にリニューアルされたコストコの保冷バッグですが、これまでのホワイト×ブルーのカラーからガラッと変わり、ネイビー×レッドの配色となりました。そして、同サイズ2個のセットで販売されていましたが、今回はサイズ違いのセット販売です。

また、これまでになかった「ショルダーベルト」や、保冷バッグの内側の「ボトル用ポケット」といった機能がついています。ボトル用ポケットは、Mサイズが2本分、Lサイズが4本分となっており、それぞれ、ワインがすっぽりと入るサイズになっています。

値段も2個で1,850円(税抜)、1個あたり925円(税抜)となり、クーラーバッグの値段としては、かなりの破格であるといえるでしょう。特に、この大容量でありながらこの値段というのは、他ではなかなかないのではないでしょうか。

コストコの保冷バッグの売り場はどこ?買い方は?

コストコの保冷バッグが便利!クーラーバッグの値段やサイズなど解説!

かなり魅力的なコストコの保冷バッグですが、実際に購入する場合、どこに売っているのでしょうか。コストコの保冷バッグの売り場や、購入方法について、調べてみました。

保冷バッグの売り場はレジ

コストコの保冷バッグはまれに売り場で販売していることもありますが、ほとんどの店舗ではレジで販売されています。そのため、商品を購入する際に、レジの店員さんにその旨を伝えれば保冷バッグも一緒にお会計してくれます。

買い物前に先に購入しておきたい場合には、入店をしたあとに、入口からそのままレジに進み、保冷バッグだけを購入してもよいでしょう。ちなみに世界中に店舗があるコストコでは、限定の保冷バッグも存在するようです。

日本のコストコのメンバーズカードがあれば、どこの国でも入店・購入が可能なため、お土産として保冷バッグを購入される人も多いようです。特に、ハワイは明るい派手な柄が人気となっています。

ネットオークションでも

近隣にコストコがなく、保冷バッグだけが欲しいといった人にはネットでの購入がおすすめです。楽天をはじめとするネットショップでも販売しており、簡単に手に入れることができます。

また、過去に販売されていたデザインや、他の国限定の保冷バッグが欲しい人はネットオークションなどから購入することができます。ただし、ネットで購入する場合は、コストコで購入するより割高の値段となってしまうことが多いようです。

しかし、コストコで購入する場合には、コストコ会員になるか、コストコ会員同伴でコストコに行かなければいけないため、その手間を考えると、ネットで購入した方がよいという人もいるかもしれません。

コストコの保冷バックのリメイク術!

コストコの保冷バッグを使用している人の中には、保冷バッグをリメイクしている人もいるようです。見た目がシンプルで、多くの人が所持しているため、自分だけのアレンジをすることで、より愛着がわくのでしょう。

デコパージュ

一部のコストコユーザーで話題となっているのが、コストコの保冷バッグのデコパージュです。デコパージュとは、専用の糊で紙などの素材をコーティングするというものです。デコパージュ専用の糊は、100均でも購入が可能なので、気軽に試すことができます。

デコパージュする個所として多いのは、保冷バッグのポケット部分で、それぞれお気に入りの柄の布やペーパーナプキンなどを利用されているようです。また、保冷バッグの側面や蓋の裏など、パッと見るだけではわからない箇所にあるのもオシャレではないでしょうか。

また、デコパージュよりハードルが低いアレンジですと、布用のインクを使ったスタンプなどもおすすめです。

キーホルダーやマスコットを付ける

デコパージュは難しそう、気分によってアレンジを変えたい、という人にはキーホルダーやマスコットを付けるのがおすすめです。それだけでもオリジナリティがでて、愛着がわきます。デコパージュと違い、失敗を気にしなくてよく、簡単にアレンジができます。

お花見や、バーベキューといったときにも、コストコの保冷バッグをクーラーバッグとして持参する人が増えてきたので、自分の保冷バッグだという目印にもよいかもしれません。

リボンやバンダナを付ける

お気に入りのリボンやバンダナを付けるというアレンジも、簡単でおすすめです。持ち手にリボンやバンダナをつけるだけなのですぐにでき、付け方・巻き方でも個性を出すことができます。

コストコの保冷バッグのお手入れ方法

コストコの保冷バッグが便利!クーラーバッグの値段やサイズなど解説!

マチが広く、安定感のあるコストコの保冷バッグですが、それでも食材から液などが垂れてしまうなど、汚れてしまうことがあります。そんな時には、除菌シートやウェットティッシュなどで拭き取ることでサッと汚れを取り除くことができます。

コストコの保冷バッグは内側がビニール素材となっているため、外側まで染み出すということはありません。拭き取ったあとは、乾いた布やタオルで乾拭きします。また、気になる場合は、アルコールスプレーも併用するとよいでしょう。

アウトドアなどで使用し、外側が汚れてしまった場合には、水で濡らしたタオルなどで汚れを叩くように除去すると汚れが取りやすいです。

コストコの保冷バッグの活用術!

コストコの保冷バッグは使い勝手がよく、コストコでの商品購入のみに使用していてはもったいないです。コストコの保冷バッグの活用術について、調べてみました。

アウトドアのクーラーバッグとして

コストコの保冷バッグは、アウトドアのクーラーバッグとしておすすめです。キャンプではたくさんの食料や飲み物が必要となることがありますが、コストコの保冷バッグはたくさん詰めることができ、また保冷バッグ自体が軽いので持ち運びにとても便利です。

クーラーバッグとして保冷力も高いため、食材が傷みにくく、保冷のためにぎっしりと氷を詰めるといった必要もありません。また、詰めすぎて重くなってしまっても、ショルダーベルトがついているため、それほど力もいりません。

中には、保冷バッグが2個セットで販売されていることから、1つを食材用としてクーラーバッグに、もう1つをガスコンロなどの用品入れに使っているという人もいるようです。

運動会やお花見のお弁当バッグとして

コストコの保冷バッグは、クーラーバッグとしてはもちろん、お皿やコップなどの食器から大きいお弁当箱まで、たくさん詰め込むことができるため、運動会やお花見のお弁当バッグとしても使用することが可能です。

一般的なクーラーバッグでも、お弁当などは入りますが、その他の用品を詰めようとするといっぱいになってしまいます。その点、コストコの保冷バッグはかなりの容量があるため、たくさん詰め込んでも余裕があります。

また、マチがあるため、お弁当が崩れる心配もなく、保冷効果もばっちりなのでお弁当が傷みにくいです。また、ボトル用ポケットに保冷剤をたくさんいれておくことで、より保冷効果が期待できるでしょう。

自宅での収納にも

コストコの保冷バッグは、ボックス型で自立します。そのため、保冷バッグとしての本来の使い方ではなく、収納ボックスとして使用している人も多いようです。また、チャックがついており蓋が閉まることでホコリも防ぐことができます。

収納するものとしては、オフシーズンの洋服や子供のおもちゃなどが多いですが、どれも蓋を閉めることで中身が見えなくなり、すっきりと収納することができます。

また、ボードゲーム愛好家の中でも、ボードゲームの収納によいと話題になっているようです。確かに、ボードゲームは大きくかさばるものが多いので、たくさん収納ができ、またホコリも防げるコストコの保冷バッグはぴったりなのかもしれません。

コストコの保冷バッグの口コミ

コストコの保冷バッグは、生鮮食品などを購入するときには必須のようです。コストコで販売されている魚介やお肉などは、サイズが大きく、そのまま持ち帰るのも困難かつ、それらを入れるエコバッグというのもなかなかありません。

コストコで冷蔵・冷凍をはじめとする食品を購入する場合には、ぜひ手元に用意しておきましょう。また、コストコでは有料でドライアイスの販売もしているので、コストコから自宅まで距離があるという方はぜひ購入してください。

コストコの保冷バッグを使用した人の中には、たくさん入るけれどもそのせいで重くなり、持つことができないといった感想をもった人もいるようです。

保冷バッグに入れても入れなくても、購入した商品の総重量は変わらない気がしますが、荷物を分散させて持つ方が楽という人には、大容量のコストコの保冷バッグは向かないのかもしれません。

そういった人には、ぜひクーラーバッグとしてではなく、自宅の収納用として、使用用途を変えて活用してほしいです。

コストコの保冷バッグはとにかく便利

大容量でマチも広く、蓋も閉めれるコストコの保冷バッグは、その保冷性の高さから、コストコでの買い物はもちろん、アウトドアや行楽にもぴったりです。また、使用しなくなったら季節品やおもちゃなどの収納にも使え、とにかく便利な商品だといえるでしょう。

コストコに関連する記事はこちら

Thumbコストコのティラミスの味や値段は?綺麗な切り方や保存方法も解説!
コストコのティラミスは、コストコの数ある商品の中でもかなりの人気を誇っています。今回はそんな…
Thumbコストコのチーズケーキが人気!種類や値段など!保存方法も紹介!
コストコのチーズケーキが人気になっているのをご存知でしょうか?以下では、コストコのチーズケー…
Rating
( No ratings yet )
Loading...