日本のお嬢様学校ランキング18選!お嬢様学校を中学•高校•大学別に!

日本でお嬢様学校と呼ばれるところはいくつもあります。お金持ちが通う場所というイメージが強いかもしれませんが、実際には一般家庭の人も多く通っているといいます。今回は、日本にあるお嬢様学校をランキングでご紹介します。学校選びの参考にしてみてください。

日本のお嬢様学校ランキング18選!お嬢様学校を中学•高校•大学別に!のイメージ

目次

  1. 1日本のお嬢様学校18選をランキング形式でご紹介!【中学・高校・大学別】
  2. 2お嬢様学校の定義とは?
  3. 3日本のお嬢様学校ランキング【中学編】
  4. 4日本のお嬢様学校ランキング【高校編】
  5. 5日本のお嬢様学校ランキング【大学編】
  6. 6お嬢様学校の選び方
  7. 7お嬢様学校で学生ライフはどんな感じ?
  8. 8お嬢様学校出身はモテるのか?
  9. 9お嬢様学校は強く優しい女性を教育する場所

日本のお嬢様学校18選をランキング形式でご紹介!【中学・高校・大学別】

お嬢様学校といえば、清楚で品がある女子生徒が大勢いて、門の前には高級車のお出迎えがいっぱいなんてイメージを持つ人もいるでしょう。お嬢様学校に通っていない人からすれば、高嶺の花の存在なんて思われることもあるようです。

今回は、日本のお嬢様学校と言われる中学・高校・大学をランキング形式でご紹介します。実際に、お嬢様学校ではどんなことが行われているのかをまとめました。

お嬢様学校の定義とは?

日本には学校がいくつもあります。しかしその中には、お嬢様学校と呼ばれるものがいくつか存在します。何をもってお嬢様学校と呼ばれるのかには、いくつかの定義があるといいます。お嬢様学校といわれる定義とは、一体どんなものなのでしょうか?

学費が高額

お嬢様学校の定義といえば、学費がとても高額なことです。そのため、資産家、著名人、名家出身の人が多く集まります。

わかりやすくいうと、学校へ通うための制服を一式揃えるとなると、60万円程になるような学校もあるんです。普通の学校では考えられない程の金額のため、親がお金持ちの人が集まりやすいんです。

キリスト教に基づいた教育内容

お嬢様学校と言われる全ての学校がそうではありませんが、ほとんどの学校がキリスト教に基づいた教育方針をしています。

キリストに基づく学校方針の場合、授業の中で聖書をひたすら読むという時間もあるようです。このように、心の教育をするのもお嬢様学校ならではです。

一貫教育

お嬢様学校と呼ばれる定義として、一貫教育というのもあります。日本にあるお嬢様学校のほとんどがエスカレーター式となっているので、初めの受験を終えてしまえばあとは伸び伸びとした生活ができます。

一貫教育は、同じ顔ぶれで成長していけるというメリットがあります。しかし逆をいえば、何か問題があったとしても何年も一緒に居なくてはならないということがデメリットでもあります。

日本のお嬢様学校ランキング【中学編】

では、お嬢様学校と呼ばれる中学編をランキング形式で見ていきましょう。普通の学校との違いはどれほどあるのか、気になるところです。

第6位:大阪女学院中学校(関西・大阪)

お嬢様学校【中学編】のランキング第6位は、大阪女学院中学校です。この中学には、『責任ある自由を学ぶ』という方針があり、自主性が尊重され一人一人が伸び伸びとした環境で勉強に励むことができます。

また、行事が豊富なので、生徒一人一人が楽しんで学校生活を送れるのも魅力です。特性や個性を重んじる中学校なので、保護者からの信頼が厚いのもポイントです。大阪女学院中学校の偏差値は45、入学金230,000円、年額授業料は648,000円です。

第5位:立教女学院中学校(関東・東京)

お嬢様学校【中学編】のランキング第5位は、立教女学院中学校です。この中学では『知的で品格のある凛とした女性』になるために、キリスト教に基づいた教育をしています。そのため、礼拝・土曜集会・ARE学習など、独自のカリキュラムを採用しています。

卒業生の7割が推薦で立教大学へ進学できることもあって、とても人気の中学校です。また、生徒は優しい子が多く、いじめのない生活を送れるという口コミが多数あり、先生も生徒を第一に考えてくれることもあり、生徒が安心して学習できるのも魅力です。立教女学院中学校の偏差値は67、入学金250,000円、年額授業料は540,000円です。

第4位:カリタス女子中学校(関東・神奈川)

お嬢様学校【中学編】のランキング第4位は、カリタス女子中学校です。この中学の方針は、『一人一人の可能性を伸ばし、普遍的な愛を持って人に尽くす人間の育成』です。キリスト教を基盤とした育成を行うことで、愛、生と死、平和を学ぶことができます。

カリタス女子中学校はお嬢様学校と言われていますが、活発的な子も多く在籍しています。様々な性格の子がいるので、同じ顔ぶれの生活だったとしても楽しく毎日を過ごせそうです。カリタス女子中学校の偏差値は52、入学金240,000円、年額授業料は480,000円です。

第3位:白百合学園中学校(関東・東京)

お嬢様学校【中学編】のランキング第3位は、白百合学園中学校です。この中学でもキリスト教に基づく教育がされていて、『誠実に歩み、愛の心をもって社会奉仕できる女性』を育成するという目的があります。

国際教育、キャリア教育、クラブ活動、奉仕活動といった幅広い教育がされるため、感受性豊かな生徒が育成されます。白百合学園中学校には、穏やかな子が多いと言われているので、生徒が落ち着いて勉学に励むことができます。白百合学園中学校の偏差値は69、入学金300,000円、年額授業料は468,000円です。

第2位:フェリス女学院中学校(関東・神奈川)

お嬢様学校【中学編】のランキング第2位は、フェリス女学院中学校です。この中学でもキリスト教の教えを大切にしています。『与えることができる者へと成長させる』という教育方針では、『他人のためになにができるのか』というのを常に生徒たちに学ばせます。

多彩な進学先があり、それぞれその目標に向かって努力する力を身に付けられるのもこの中学の特徴といえます。お嬢様学校と言われていますが、元気で明るい子が多いため友達作りがしやすく、毎日楽しみながら勉学に精を出せます。フェリス女学院中学校の偏差値は71、入学金300,000円、年額授業料は516,000円です。

第1位:雙葉中学校(関東・東京)

お嬢様学校【中学編】のランキング第1位は、雙葉中学校です。こちらも他の中学同様に、キリスト教の教えに基づいた教育がされます。『真の知性を養い、自ら考え判断して行動し、その結果に責任を持てる人間』の育成を目指しています。

お嬢様学校のイメージが強いですが、実際には相当な学力が必用とされている学校でもあります。そのため、高い学力を身に付けながら、品格のある女性に育て上げられる学校といっても過言ではありません。生徒の勉強環境としては最高峰とも言われるほどです。雙葉中学校の偏差値は72、入学金240,000円、年額授業料は529,200円です。

日本のお嬢様学校ランキング【高校編】

お嬢様学校に入学することで、人を愛する心を学ぶことができます。そのため、中学生であっても感受性豊かな生徒に育ちます。

中学を卒業し高校生になると、本格的に将来に向けて考えるようになる年になるため、どんなお嬢様学校が人気になってくるのでしょうか?

第6位:清泉女学院高等学校(関東・神奈川)

お嬢様学校【高校編】のランキング第6位は、清泉女学院高等学校です。この高校でもキリスト教の教えに基づいた教育方針があります。そして、宗教研究や奉仕作業によって、生徒の心をはぐくませています。

一般的な授業はもちろん、現代のIT社会に対応できるように学ぶ『情報化』、環境や平和を学べる『倫理化』などが導入されているので、心を成長させながら勉強に取り組むことができます。また、スキー会、クリスマス会といった行事が豊富なのも魅力の一つです。清泉女学院高等学校の偏差値は64、入学金300,000円、年額授業料は432,000円です。

第5位:田園調布雙葉学園(関東・東京)

お嬢様学校【高校編】のランキング第5位は、田園調布雙葉学園です。この高校でもキリスト教の価値観に基づき、『生きる意味を求め、本当の自分に成長する、生かし生かされる喜びを知る』ことを目的として、生徒一人一人が成長できます。

毎年、東京大学などの難関大学と呼ばれる大学への進学実績が多数あるため、高みを目指す方にとってはこれほどにない環境下で勉強できます。また、勉強の他にテーブルマナーなどの教室もあり、淑女のたしなみも身に付けることができます。田園調布雙葉学園の偏差値は65、入学金200,000円、年額授業料は480,000円です。

第4位:東洋英和女学院高等部(関東・東京)

お嬢様学校【高校編】のランキング第4位は、東洋英和女学院高等部です。こちらもキリスト教に基づいた教育方針で、『敬神奉仕』という言葉通り、他者のために自分を生かす女性の育成がされます。部活動は運動系と文化系が充実していて、全校生徒が所属しています。

難関大学の合格実績は毎年上がっており、進学を希望する生徒であれば良好な環境であると言えます。また、スキーやクリスマス、キャンプといった行事も盛んな高校なので、厳しい勉強だけではなく楽しみながら勉強に取り組める環境が揃っています。東洋英和女学院高等部の偏差値は67、入学金330,000円、年額授業料は490,000円です。

第3位:白百合学園高等学校(関東・東京)

お嬢様学校【高校編】のランキング第3位は、白百合学園高等学校です。中学編でも第3位でしたので、とても人気な高校だということがわかります。この高校では、必要に応じて生徒のサポートを行っているので、理解が不十分なまま次の学習に進むことはありません。

また、高校からは選択できる授業が増えるため、個々の能力が最大限発揮できるような取り組みがなされています。校則が厳しいという意見がありますが、それだけ品格の良い人材の育成の教育を目指しているからだと言えます。

都心にありながら緑が多い高校なので、生徒たちが落ち着いて勉強するためにとてもいい環境です。白百合学園高等学校の偏差値は69、入学金300,000万、年額授業料は492,000円です。

第2位:聖心女子学院高等科(関東・東京)

お嬢様学校【高校編】のランキング第2位は、聖心女子学院高等科です。こちらの高校もキリスト教に基づく教育がされていて、『よりよい社会を築くことに貢献する賢明な女性の育成』を目的としています。

教育面でいえば、基礎的な学習の他に奉仕作業、広い視野を持つためのグローバル学習が充実しています。そして、自身の進路について考える学習時間が設けられているため、進路に悩む人がいてもじっくりと先を見据えて将来への選択ができるようになっています。聖心女子学院高等科の偏差値は52、入学金300,000円、年額授業料は528,000円です。

第1位:学習院女子(関東・東京)

お嬢様学校【高校編】のランキング第1位は、学習院女子です。この高校では『その時代に生きる女性にふさわしい品性と知性を身につけること』を目的とした教育がなされます。ダイヤモンドの原石とされる生徒たちが、切磋琢磨して成長しあえる高校です。

お嬢様学校だからといって学習するだけでなく、テニス、水泳、バレー、バスケなど、多くのスポーツに携わることができるため、健康的で明るく品性の高い女性が育成されます。伝統を重んじる高校として有名ですので、淑女を育てる環境にとても適しています。学習院女子の偏差値は67、入学金300,000円、年額授業料は658,000円です。

Thumb日生学園第二高等学校とは?スパルタで厳しい日生学園の今現在!
お笑い芸人として有名なダウンタウンの浜田雅功が卒業生である日生学園第二高等学校。1070年か...

日本のお嬢様学校ランキング【大学編】

お嬢様学校と言われる高校では、様々な方面から知性を高める授業が豊富でした。次は、お嬢様大学の大学編を見てみましょう。大学では本格的な進路を見据えなければいけなくなるため、どんな大学が人気となってくるのか気になるところです。

第6位:神戸女学院大学(関西・兵庫)

お嬢様学校【大学編】のランキング第6位は、神戸女学院大学です。キリスト教に基づき、『愛神愛隣』の標語のもと、バランスのとれた人間の基礎を作り上げるために教育されています。

この大学では文学、音楽、人間科学部で構成されている他、国際交流が盛んになっているため、幅広く学習することができます。また、この大学は自然が豊かなこともあり、自然とふれあい体験するといった講義では学べないことまで学習できる魅力があります。神戸女学院大学の偏差値はBF-50、入学金250,000円、年額授業料は384,200円です。

第5位:日本女子大学(関東・東京)

お嬢様学校【大学編】のランキング第5位は、日本女子大学です。この大学では女性が輝き続けられるために、『自らの人格を高め、使命を見いだして前進する』という理念のもと教育がなされます。自分で考え判断し行動するという自学自動主義となっています。

文学・理学・人間社会学・家政学部があり、幅広い分野で質の高い知性を身に付けられるため、大手企業への就職率が高いのが特徴です。この大学では一人一人の可能性を最大限に引き出し、また、未知なる可能性をも見いだしてくれます。日本女子大学の偏差値は47.5~60、入学金200,000円、年額授業料700,000円~930,000円です。

第4位:東洋英和女学院大学(関東・神奈川)

お嬢様学校【大学編】のランキング第4位は、東洋英和女学院大学です。キリスト教の教えに基づき、『敬神奉仕の』の理念を実現させるための教育がなされます。その教育に至っては、全学部一貫して行われているのも特徴です。

東洋英和女学院大学ならではの行事が豊富にあるなか、12月にはクリスマス礼拝、パーティーなどが行われ、地域の方も一緒に参加する行事もあります。たくさんの人と触れ合うことで、勉強だけでは学べないことも行事を通して学ぶことができます。東洋英和女学院大学の偏差値は35~37.5、入学金300,000円、年額授業料は670,000円です。

第3位:聖心女子大学(関東・東京)

お嬢様学校【大学編】のランキング第3位は、聖心女子大学です。2019年度より『文学部』から『現代教養学部』に変更がされました。めまぐるしく変わる現代はかなり複雑化していますが、そのなかで必要とされる人間になるための教育がなされます。

1年次では幅広い知識に触れることができます。そして、2年次から専攻する学部を選べるというユニークなシステムが採用されています。そのため、1年間じっくり自分と向き合う時間ができるため、将来をしっかりと見据えた選択ができることが魅力です。聖心女子大学の偏差値は50、入学金250,000円、年額授業料は700,000円です。

第2位:フェリス女学院大学(関東・神奈川)

お嬢様学校【大学編】のランキング第2位は、フェリス女学院大学です。『他者のためになにができるか』という理念のもと、自主的で自由な学びができるのが魅力です。そのため、自分が興味を持つことで様々な知識を身に付けられるのです。

この大学では様々な分野の講義を受けることができるため、自分の興味が湧く分野にきっと出会えるはずです。また、教師や特別講師の質が高いというのも評判ですので、視野を広げたいという生徒にとっては十分な環境です。

フェリス女学院大学の偏差値は37.5~45、入学金200,000円、年額授業料は825,000円~1,390,000円です。

第1位:お茶の水女子大学(関東・東京)

お嬢様学校【大学編】のランキング第1位は、お茶の水女子大学です。この大学では『女性リーダー育成』を使命としていて、それは日本だけでなく、国際化の中でもリーダーシップを発揮できる人材の育成がされています。

就職では、教職、官公庁、IT関係、金融関係など多岐にわたる分野があります。また、この大学では大学院へ進む人も多く、進学する人は約30%~50%です。少人数制ですので、生徒一人一人に対して熱心に接してくれる先生が多く、サポートがしっかりとしています。お茶の水女子大学の偏差値は55~62.5、入学金282,000円、年額授業料は535,800円です。

お嬢様学校の選び方

お嬢様学校とひとくくりに言っても、学校の特色はそれぞれです。そのため、学校を決める際に迷ってしまう人も多いでしょう。では、どういう基準で学校を選べば失敗しないのでしょうか?

学校の雰囲気で選ぶ

まず、失敗しない学校選びをするために必用なことが、学校そのものの雰囲気です。ただし、パンフレットだけで見るのは失敗に繋がるため、しっかりと見学を経て決めるのがいいでしょう。

実際に目にすることで、生徒の雰囲気、教師の質、学校の環境の良し悪しが見えてくるので、気になる学校があるのであれば一度足を運んでみるのが大事です。

偏差値で選ぶ

学校には全て偏差値があります。そのため、その偏差値で判断するというのいいでしょう。高みを目指す人であれば、お嬢様学校の中でもエリートと呼ばれる学校を選ぶことで、知性を高めることができます。

しかし、偏差値が高ければ高いほど勉強の内容は難しく、進むスピードが速くなるので、自分のペースで勉強したいという人には向いていません。

知名度の高さで選ぶ

知名度の高さで選ぶというのもアリです。誰もが知る学校であれば、そこへ通っているというだけでも自信に繋がり、勉強など様々なことに精を出せます。

しかし、知名度があるからといって安易に選んでしまうと、実際に入学した時にイメージと違うとショックを受ける人も少なくありません。有名なお嬢様学校であっても、リサーチは万全にしておきましょう。

費用を考えて

お嬢様学校の全てではありませんが、入学から卒業までに多額の資金が必用になる学校が多いです。そのため、安易に学校を決めてしまうと授業料が払えないなどの問題が起きてしまいます。まずは両親に相談して、大体の金額を決めてから選ぶのがおすすめです。

立地を考える

どんなに良い学校だとしても、家から遠く離れていては通うことが難しいです。だからといって一人暮らしはNGです。学校によっては、『家族と同居のうえ、自宅から~分の距離に住んでいる』という条件がある場合もあるんです。

全ての学校ではありませんが、お嬢様学校ならではの規則があるところも多いので、立地条件を確認しておく必要性があります。

昔の知名度に囚われない

学校を決める際に、子供の意見はもちろんですが、費用を払う親御さんの意見も必要不可欠です。その時に注意したいのが、昔の知名度やイメージに囚われることです。

親御さんが学校に通っていたことを考えると、それから20年以上経過している場合もあります。学校の偏差値やイメージというのは年々変わっていて、昔は知名度がなかったけど今では超有名学校になっていたということも珍しくありません。

したがって、昔のイメージに囚われ過ぎていると、子供の可能性を潰してしまう可能性が出てくるわけです。

将来を見据えて

中学生までは勉強が基本となりますが、高校、大学と進むにつれて就職を視野に入れていく必要があります。そのため、自身の将来を見据えて学校を選ぶのがいいでしょう。

具体的な将来像がなかったとしても、専攻科目で多様な分野に触れられる機会はたくさんあります。したがって、自分の未知の世界を知ることで新たな可能性が開ける場合もあります。将来を見据えて、たくさんの経験ができる学校を選ぶといいでしょう。

お嬢様学校で学生ライフはどんな感じ?

お嬢様学校の方針や雰囲気などは、パンフレット、ホームページ、見学などで知ることができます。しかし、実際に通ったからこそわかったことがあるというのも珍しくありません。次は、実際にお嬢様学校に通っていた人の学生ライフを見てみましょう。

お嬢様と言われ困惑する

お嬢様学校のイメージとしては、お金持ちで品が良くて頭がいいと思う人も多いでしょう。もちろん本物のお嬢様気質の人もいます。しかし、全員がそういうわけではなく、活発的な子も大勢在籍しています。その中には一般的な家庭の出身の子も多いのが特徴です。

そのため、『お金持ちなんだね』『お嬢様じゃん』と言われることに、違和感を覚えるという人は意外と多いようです。

校則はかなり厳しい

お嬢様学校のほとんどがキリスト教を信仰しているため、品性の高い淑女として教育されることが多いです。そのため、男女共学の学校に比べると校則はかなり厳しいようです。

スカート丈、髪の長さ、携帯の使用などはもちろん厳しくチェックされます。また、学校の帰り道にコンビニやどこか寄る行為を禁止している学校も珍しくありません。

品のある女性へと教育させるためには必要なことかもしれませんが、それが苦痛だと感じる人も多いのが事実です。

多少のいじめは存在する

女子生徒だけの環境下なので、少なからずいじめは存在するようです。しかし、大々的ないじめというよりは、無視されたり避けられたりするのが多いようです。

お嬢様学校には、本当にお嬢様気質の人もいれば、一般的な家庭出身の子もいます。そのため、格差がありいじめが発生することはあるようです。

自発的な子でないと厳しい

お嬢様学校と呼ばれるほとんどの学校では、生徒が自発的に行動することを方針としています。そのため、自分で考え行動するのが苦手という人だと、快適な学校生活を送ることが厳しいようです。

入学してしまえばその生活に慣れるだろうと安易に入学してしまうのはNGです。幼稚園ぐらいの年には既に自我が形成されているので、そういった環境下に無理矢理入ったとしても慣れずに後悔が残る人は大勢いるようです。まずは、自分の性格を見つめ直し、お嬢様学校にふさわしいか考える必要があります。

社会に出た時に通ってよかったと思う

実際に、お嬢様学校に通ってみて辛いと感じる人は珍しくありません。しかし、それを乗り切って就職した時に、「あの学校に通っていてよかった」と思う人は大勢いるようです。

厳しい校則、他者を受け入れ愛すこと、自分で判断し行動することなど、お嬢様学校だからこそ学べたことが社会に出た時に役に立つようです。

お嬢様学校出身はモテるのか?

お嬢様学校といえば、男性からモテるというイメージが強いです。お嬢様と聞くだけでも、男性からしたら高嶺の花の存在ですから、余計に興味が湧くことでしょう。では、お嬢様学校の女性は実際に男性からモテるのでしょうか?その実態に迫ります。

お嬢様学校の名前だけでモテる

男性というのは、高嶺の花と言われるちょっと手が届きにくい女性に惹かれます。そのため、お嬢様学校に通っているというだけで、自然と男性から好印象に捉えられます。

また、ハイスペックな男性であれば、そんな高嶺の花を手に入れることをステータスとしている人がいるため、お嬢様学校に通う女性はモテる傾向にあります。

顔立ちがそこそこでもモテる

お嬢様学校というブランドにプラスして、そこそこ顔立ちが整っている女性であればモテます。やはりお嬢様学校というブランドがあるため、特別美人でなくても男性からモテる人は多いようです。

女性らしさがモテる

お嬢様学校に通う女性は、女性らしさに満ち溢れています。幼少の頃から品性や知性を教育されるため、言葉使いが丁寧であったり、仕草や振る舞いが美しかったりするので、男性はそのような部分に惹かれるのです。

また、人を愛するといったキリストの教えがあるため、どんな人にも優しくできる女性だからこそ、男性にモテると言えます。

インカレで彼氏ゲット

お嬢様学校は女子生徒しか入れない学校です。そのため、彼氏ができないと思われることが多いですが、実際には彼氏がいる人もいます。複数の大学生で構成されるサークル、いわゆるインカレを活用することで彼氏をゲットしている人が多いようです。

他の学校の人からすれば、お嬢様学校の女性と触れ合えるまたとないチャンスですので、お互い良い関係を築くのに時間はかからないのかもしれません。

お嬢様学校は強く優しい女性を教育する場所

お嬢様学校には、キリスト教の教えに沿った学校、それ以外の学校に分類されますが、どちらであれ強く優しい女性の育成を基本としています。

そのため、規則、文化、勉強内容などの一部をとってみても、普通の学校とは少し違います。そのギャップに最初は驚く人も多いでしょう。しかし、将来社会に出た時には、入学して良かったと思う日がやってくるはずです。

どこの学校へ入学しようかと迷っているのであれば、一般家庭の人も意外と通っているお嬢様学校を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

関連するまとめ

Missing
この記事のライター
あいす

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ