依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質の特徴や原因・人に依存する人の改善方法!

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

人間は、元気な時もあれば、気持ちが沈んむ時もあるでしょう。それゆえに、お互いに支え合いながら協力することが重要です。しかし、ついつい人に頼りきりになる依存体質の人もいます。そこで、依存体質の性格や行動の特徴、原因、改善方法をご紹介しましょう。

依存体質の意味は?

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質とは、何かに対して執着を持っていることを意味します。人や物に対して「好き」という気持ちは誰にでもあるでしょう。

しかし、依存体質の人は、好きという気持ちが普通の人よりも強く、執着心に近いものとなりがちです。依存体質になってしまうのは、幼少期の環境や今までの生活が影響していることが多いでしょう。

依存体質な人が依存しがちなもの

依存体質の人は、特定のものに依存しやすい傾向があります。依存体質な人が依存しがちなものとは、何でしょうか?

依存体質な人が依存しがちなものを認識することで、依存体質から解放することができます。そこで、依存体質な人が依存しがちなものをご紹介していきましょう。

恋愛依存

依存体質な人は、恋愛依存になりやすいです。恋愛は、相手と両想いになることで成立します。そのため、恋愛関係になることで、いつでも一緒にいたり、構ってもらえたりすると勘違いしてしまう人も多いです。

恋愛をすることで、恋人にどっぷりとハマってしまい、周囲が全く見えなくなる人は、依存体質と言えるでしょう。恋愛依存になると相手の負担が多くなり、結局は破局に繋がるため要注意です。

ゲーム依存

依存体質の人は、ゲーム依存になる人が多いです。人間は、人に依存してしまう恋愛依存の他に、ゲーム依存やネット依存など、架空の世界に依存してしまう人も多いでしょう。

休みの日など1日家を出ずにゲームばかりしてしまう人は、ゲーム依存の可能性が高いです。現実の世界が辛くて悲しい状態の人ほど、ゲームなどの架空の世界に逃避しやすくなります。

ネット依存

依存体質な人は、ネット依存にもなりやすいです。最近は、スマホを持つ人が多くなってきました。電車の中でもホームでもひたすら携帯をいじっている人をよく見かけるでしょう。

ネットではあらゆるやり取りができるため、人と話すよりも気が楽でついついハマってしまう人が多いのです。最近は、子育ての段階で親が子供に静かにいさせるために携帯を与えることも多くなってきました。子供の頃からの習慣はなかなか治すことは難しいです。

依存体質の特徴って何?

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質には、人に依存する人もいれば、ネットやゲームに依存する人もいます。人に依存したり、架空の世界に依存したりする人は、どのような特徴を持っているのでしょうか?

そこで、依存体質の特徴を性格の特徴と行動の特徴別々にご紹介していきましょう。依存体質の特徴を理解することで、改善するための参考にすることができます。

性格の特徴

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質とは、恋愛や友達など人に依存する人や、ネットやゲームなど架空の世界や物に依存する人のことを意味しています。

人に依存する人や物に依存する人など人それぞれ依存する対象は異なりますが、依存体質の性格の特徴は、共通している部分も多いです。そこで、依存体質の性格の特徴をご紹介していきましょう。

非常に打たれ弱い

依存体質の人は、非常に打たれ弱い性格をしています。依存体質の人は、少しでも嫌なことがあったり、トラブルに巻き込まれたりした時に、すぐに落ち込んで何もすることができなくなるでしょう。

落ち込む回数がやたらと多い人は、依存体質の場合が多いです。依存体質人は、何か嫌なことが起こると人に依存して何とか解決してもらおうという他力本願なところもあります。困難に遭遇するたびに身動きが取れなくなることが多いでしょう。

寂しがり屋

依存体質の人は、寂しがり屋の性格の人が多いです。依存体質の人は、友達や恋人がいたとしても、常に寂しいのが特徴でしょう。何をしていても常に寂しいと感じてしまうため、人に依存する傾向が強いです。

依存体質の人は、初めのうちはわかりにくいため、なかなか見分けることができません。しかし、付き合っていくとその性格がだんだんとわかっていくでしょう。極度の寂しがり屋で人に依存する人は、依存体質なのです。

自分に自信がない

依存体質の人は、自分に自信がありません。自分に自信が持てない性格ゆえに、人に依存することで気を紛らわそうとします。依存体質の人は、無意識に人に依存する傾向があるため、自分に自信が持てない性格を克服しようとは思いません。

依存体質の人は、自分に自信が持てない性格を持っているため、克服しようという考えではなく、自分を肯定して欲しいという気持ちが先に立ってしまうのです。依存体質の人との関りは十分な注意が必要でしょう。

常にネガティブ思考

依存体質の人は、常にネガティブ思考の性格の人が多いです。常に悪い方向へばかり考えてしまう傾向があるため、問題が起きるたびに大パニックに陥ります。気持ちの時点で負けてしまっているため、それを支えなければならい周囲の人は大変です。

依存体質の人は、「何とかしてやり遂げる」、「問題を解決する方法が何かあるはず」などという思考は一切ありません。そのため、常に人に依存することになり、助けてもらおうとします。

自分の考えがない

依存体質の人は、自分の考えがないことが多いです。依存体質の人は、自分に自信が持てない性格ゆえに、自分の考えよりも人の考えの方が優れていると考えています。そのため、自分で物事を考えようとしません。

そのようなことを積み重ねているうちに、自分の考えがわからなくなる傾向があります。人間が自立するためには、自分で考えて行動することがとても重要です。それをしない依存体質の人は、ドンドンと人に依存することになるでしょう。

行動の特徴

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

常に誰かに構ってほしい性格の依存体質の人は、その行動も実に独特でしょう。依存体質の人に依存されないためにも、依存体質の人の行動を認識しておくことが重要です。

依存体質の人は、どのような行動をするのでしょうか?そこで、依存体質の人の行動の特徴をご紹介していきましょう。

褒めてもらえる行動を心がける

依存体質の人は、褒めてもらえる行動を心がける傾向があります。依存体質の人は、人に依存する傾向が強く、自分の評価を人に委ねてしまうのです。それゆえに、人の意見に一喜一憂することになります。

依存体質の人は、自分に自信がない性格ゆえに、自尊心を自分で満たすことができません。そのため、承認欲求が強く、人に依存することでそれを満たそうとします。褒めてもらえる行動を心がける依存体質の人は、自分の心のバランスを取るために人に依存するのです。

言い訳が多く責任をとろうとしない

依存体質の人は、言い訳が多く責任をとろうとしません。依存体質の人は、人に依存する人と、物に依存する人の2タイプがいます。言い訳が多く責任をとろうとしない依存体質の人は、人に依存するのではなく、物に依存している場合が多いです。

そのため、人にきつく当たることが多いでしょう。自分が明らかに悪いような状況でも、言い訳を作っては、人や物のせいなどにして逃れようとする傾向があります。言い訳が多く責任をとろうとしない依存体質のい人は、信用もドンドンとなくなっていくでしょう。

自分と向き合うことができない

依存体質の人は、自分と向きあうことができません。自分と向き合うことは、誰もが苦手とすることです。しかし、自分の性格や行動を改善したいと感じるのであれば、自分と向き合わないと原因を追究することができません。

しかし、依存体質の人は、自分と向き合うことで自分を否定しなければいけないと思い込んでいるため、向き合うことができないのです。客観的に見ることができない依存体質の人は、原因を追究するのが難しく、改善もなかなかしないでしょう。

依存体質の人が依存する原因とは?

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質を改善したいと考えている場合、その原因となっていることを追求する必要があります。依存してしまう原因を解明することで、改善も見込めるのです。

依存体質の人が依存する原因とは、どのようなもなのでしょうか?依存する体質の人が依存する原因をご紹介していきましょう。

浮気をされたことがある

今までに浮気をされたことがある人は、浮気されたことが原因で依存体質になることがあります。大好きな人に浮気をされるということは、非常に辛い経験です。一度でも浮気をされた経験がある人は、深い傷が心に残ってしまいます。

そのため、疑心暗鬼になって、他の人と付き合っても「また浮気されるのでは?」と考えてしまうのです。相手を疑ってしまう自分を人に依存することで誤魔化そうとしている場合、いつまでも依存体質は改善できないでしょう。

親から見放されて育った

親から見放されて育った人も、それが原因で依存体質になっていることが多いです。依存体質の人は、今まで、親の愛情を全く受け取ることができなかった埋め合わせとして、人に依存することで克服しようとしています。

人に依存することで、一時的に寂しさを紛らわすことはできるでしょう。しかし、根本的な解決ができていないため、依存体質の改善には繋がりません。依存とは、愛情ではなく、執着です。そのため、執着を手放さない限り依存体質を改善していくことはできないのです。

友達に裏切れた経験がある

友達に裏切られた経験がある人も、その辛い経験が原因で依存体質になりやすいでしょう。信頼していた友達に裏切られると、「もう誰も信じられない」と自分の殻に閉じこもってしまいたくなる気持ちはわかります。

しかし、友達に裏切られた辛い気持ちをいつまでも引きずっていても仕方ありません。また、他の人が裏切った友達と同じではないため、その他の人を全て同じように見るのは失礼です。信頼できる相手を見極められる目を養いましょう。

依存体質かどうかのチェック診断!

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!
1 いつも誰かがいないと寂しいと感じる
2 好きなことにはトコトンのめり込んでしまう
3 恋人が途絶えたことがない
4 他人が幸せそうにしているのを見るのは嫌だ
5 人から求められると嬉しい
6 家庭環境はあまり良くなかった
7 浮気された経験がある
8 信用していた人や友達から裏切られたことがある
9 恋人とは常に一緒にいたい

「依存体質かも?」と不安に思ったら上記の一覧の依存体質チェック診断を受けてみましょう。9個の診断項目のうち、半分以上当てはまる人は、依存体質の傾向があります。また、当てはまる項目が多いほど、依存度も高いです。

依存体質な人の改善方法

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質になる原因をご紹介してきました。依存体質になるには、それなりの原因があります。その原因の追究ができれば、依存体質を改善していくことは不可能ではないでしょう。

依存体質を改善するには、かなりの覚悟が必要になります。しかし、できることから始めていけばいいでしょう。そこで、依存体質な人の改善方法をご紹介していきます。

依存体質を改善するのに必要なこと

依存体質を改善するために、とても重要なことがあります。それは、「依存体質を改善したい」、「依存体質から必ず抜け出す」という強い覚悟です。強い覚悟がなければ、依存体質を改善することは難しいでしょう。

次に必要なことは、依存体質を改善するための環境を整えることです。人間は意志が弱い生き物です。志を持つことは重要ですが、それに頼り過ぎてはいけません。環境を整えることで、実行しやすくなるでしょう。

依存体質を改善する具体的な行動

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質を改善するためには、依存体質を改善しようという意志と、環境と整えることが重要です。依存体質を改善するために必要な具体的な行動とは、どのようなものなのでしょうか?

人間は、具体的な行動が明確になることで、物事を達成しやすくなります。そこで、依存体質を改善する具体的な行動をご紹介していきましょう。

携帯の電源をしばらく切ってみる

依存体質を改善したいのであれば、携帯の電源をしばらく切ってみるといいでしょう。何かを成し遂げたい時は、適した環境に身を置くことが重要です。携帯がいつでも繋がる状況にある場合、少しでも寂しく感じた時には、すぐに連絡を取ってしまうでしょう。

それでは、依存体質からいつまでも抜け出すことができません。また、携帯の電源をしばらく切る行為は、自分でいつでも解除することができます。自分の意志の弱さを感じているのであれば、少し、荒療治ですが、親などに携帯を預けておく方法もあるでしょう。

必要のない連絡は断つようにする

依存体質を改善したいのであれば、必要のない連絡は立つようにしましょう。携帯には常にたくさんの人の連絡先が登録してあり、いつでもとっかえひっかえ連絡ができるようになっている依存体質の人は多いです。そのような人は、連絡先の整理から始めましょう。

依存体質の人は、少しでも寂しいと感じると無意識に繋がる誰かに連絡をしてしまう傾向があります。そのため、常に人に依存して、誰かと一緒にいないと寂しくて我慢ができない状態になっているのです。必要のない連絡を絶つことで、連絡ができないようにしましょう。

自分の気持ちを抑える練習をする

依存体質を改善したいのであれば、自分の気持ちを抑える練習をするといいでしょう。自分の気持ちを抑える練習は、非常に過酷です。自分の寂しいという気持ちにあえて向き合って、気持ちを抑える練習は改善するまでに時間もかかります。

また、本人もかなり苦しい思いをするでしょう。しかし、自分の気持ちと真正面から向き合って、気持ちを抑えることができるようになれば、依存体質を完全に克服することができるでしょう。時間もかかり、本人も大変ですが、とてもやりがいのある方法です。

自分ひとりでは、やり切る自信がない人は、家族やパートナーに協力してもらうといいでしょう。依存体質を改善することは、パートナーや家族にとってもメリットがあるため、熱心に協力してくれる場合が多いです。

意図的に依存する時間を作らない

依存体質を改善するには、意図的に依存する時間を作らないことが重要です。インターネットやゲームなどの物に依存しがちな人は、意図的にインターネットやゲームができない時間や環境を作りだすといいでしょう。

インターネットやゲームは、家でやる人が多いです。意図的にインターネットやゲームができないようにするには、友達と外に遊びに行くといいでしょう。久しぶりに友達や彼氏と思いきり身体を動かすようなスポーツを楽しむのもおすすめです。

身体を動かすことで、血行が良くなり頭の回転も活発になります。様々なことに挑戦することで、新しい経験や発見があるでしょう。視野を広げていくことで依存体質も少しずつ改善されるようになります。

病院など専門家に相談する

依存体質を本気で改善したい、克服したいと考えるのであれば、病院などの専門家に相談するといいでしょう。体調に支障をきたすほどの重度の依存体質の場合は、早急に病院などの専門家に相談することをおすすめします。

あまりにも重症の依存体質の場合、自分自身ではどうにもならないでしょう。そのような時は、素直に専門家に身を委ねることで良い方向へ進むことができます。本気で依存体質を改善したい時は、専門家に頼ることで比較的楽に改善する場合もあるでしょう。

人それぞれ依存の仕方は異なります。そのため、幼少期のトラウマが原因の場合は、専門家でないと改善できないケースもあるのです。ひとりでは難しいことでも、誰かと一緒であれば思いの外、簡単に改善できるかもしれません。

友達が依存体質な時の上手な接し方!

人間は様々な環境によって健康になったり、不健康になったりします。幼少期に問題がない人でも、大人になってからの辛い経験で依存体質になる人もいるでしょう。昔は問題なった人でもいつ依存体質になるかわかりません。

もしも、久しぶりに会った友達が依存体質だった時は、どのように接したら良いのでしょうか?そこで、友達が依存体質だった時の上手な接し方をご紹介していきましょう。

少し距離を置いてみる

友達が依存体質な時は、少し距離を置いてみるといいでしょう。依存体質の人は、常に構ってほしいという気持ちがあります。そのため、連絡をしていつでもすぐに対応してくれる人に依存しやすくなるでしょう。

相手の依存心を引き出さないためにも、適度な距離感を保つことが重要です。依存体質な人に、「この人であれば何とかしてくれるだろう」と思われたら大変なことになります。「この人は当てにならない」と思わせる距離感が良好な関係を築いていくコツです。

LINEや電話などの返信を少し遅らせる

友達が依存体質な場合は、LINEや電話などの返信を少し遅らせるといいでしょう。依存体質の人に依存されやすい人は必ずいます。それは、連絡をしたらすぐに返してくれる人です。LINEや電話などの返信をすぐにしてくれる人は、承認欲求が強いでしょう。

そのため、依存傾向があります。それゆえに、依存体質の人に頼りにされ、依存されやすくなるのです。普段、LINEや電話などの返信をすぐにしてしまう人は、依存体質の人には、少し遅らせるようにすると当てにされなくなるので良いお付き合いができます。

依存体質の人に依存されやすい人とは?

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

世の中には、依存体質の人もいれば、依存体質の人に依存されやすい人もいます。依存体質の人に依存されやすい人をご紹介していきましょう。

依存体質の人に依存されやすい人は、同じく依存体質の人、付け込まれやすい雰囲気のある人、人から求められるのが好きな人、承認欲求の強い人などです。心当たりのある人は気を付けましょう。

依存体質を改善していこう!

依存体質の特徴や原因とは?人に依存する人の改善方法など解説!

依存体質の人は、かなり辛い経験をしている人が多いです。しかし、依存体質を改善して楽しい人生を送ることもできます。それゆえに、諦めずに改善する努力をしていくといいでしょう。きっと、あなたを心から支えてくれる人はいるはずです。

関連する記事はこちら

Thumbオナニー依存症とは?オナニー中毒の原因や克服方法など紹介!
あなたは、オナニー依存症をご存知ですか?以下では、オナニー依存症とはどういうものかを詳しく説…
Thumbアルコール依存症の芸能人!克服した有名人やアル中で死亡した人も紹介
アルコール依存症をご存知ですか?たまにテレビでもアルコール依存症の芸能人が話題になります。い…
Rating
( No ratings yet )
Loading...